日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)解説

たいしゃきっこうやく(ぴりみじんきっこうやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • DNAの構成成分に類似した化学構造をもち、細胞増殖に必要なDNA合成を阻害して抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序に増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖に必要なDNAの成分にピリミジン塩基と呼ばれる物質がある
    • 本剤はピリミジン塩基と同じ様な構造をもち、DNA合成の過程でピリミジン塩基の代わりに取り込まれることなどにより抗腫瘍効果をあらわす
  • フルオロウラシルやシタラビンを元にして造られ体内で代謝を受けてこれらの薬剤へ変換される製剤(プロドラッグ製剤)がある

詳しい薬理作用

がん細胞は無秩序に増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し組織を壊したり、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。細胞の増殖には遺伝情報が刻まれたDNAの複製が必要となる。

DNA(核酸)を構成する成分(塩基成分)には主にアデニン、グアニン、シトシン、チミン、ウラシルという物質があり、この内シトシン、チミン、ウラシルはその構造からピリミジン塩基と呼ばれる。

本剤はピリミジン塩基と同じ様な構造をもった薬剤で、DNA合成の過程でピリミジン塩基の代わりに取り込まれることなどによってDNA合成阻害作用などをあらわす。本剤の中でも基礎というべき薬剤がフルオロウラシルやシタラビンで、これらの薬剤を元に加工を施した製剤が造られている。これら加工を施した製剤が体内で代謝されそれぞれがフルオロウラシルやシタラビンへ変換されることで作用をあらわすプロドラッグという製剤が複数存在する。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、食欲不振、下痢、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 色素沈着、発疹、紅斑、脱毛などがあらわれる場合がある
  • 骨髄抑制
    • 白血球減少、好中球減少、血小板減少などがあらわれる場合がある
    • 上記の副作用などに伴い、敗血病、肺炎などの重篤な感染症があらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は薬剤によっても異なるがあらわれる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

5-FU

  • フルオロウラシル製剤
    • 主にDNA合成阻害、RNA機能障害によりがん細胞を自滅へ誘導し抗腫瘍効果をあらわす
  • 結腸・直腸がん(FOLFOX〔フォルフォックス〕療法)、乳がん(EFC〔CEF〕療法)などで使用する
  • 味覚障害に関して
    • 亜鉛の吸収を阻害することで味覚障害があらわれる場合があり注意する

ティーエスワン

  • テガフール(フルオロウラシルのプロドラッグ)、ギメラシル、オテラシルカリウムの配合剤
    • テガフールは体内で徐々にフルオロフラシルに変換され抗腫瘍効果をあらわす
    • ギメラシルはフルオロウラシルを分解してしまう酵素を阻害し、フルオロウラシルの血中濃度を維持させる
    • オテラシルカリウムは消化管粘膜障害を軽減する
  • 胃がん(S‐1療法など)、膵がん、非小細胞肺がん(S‐1療法)、大腸がん(IRIS療法)などで使用する
  • 服用方法などに関して
    • 空腹時に服用すると抗腫瘍効果が減弱することがあるので食後の服用が望ましいとされる
    • OD錠(口腔内崩壊錠)、顆粒剤があり嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
    • 「一定期間服用した後、一定期間を休薬にあてる」場合などがあり処方医の指示の下、適切に服用することが重要となる

ゼローダ

  • 成分のカペシタビンが体内で吸収された後、肝臓や腫瘍組織でフルオロウラシルに変換されて抗腫瘍効果をあらわす
    • 腫瘍組織以外での副作用を軽減する目的で開発された製剤
  • 乳がん、結腸・直腸がん(XELOX療法)などで使用する
  • 「一定期間服用した後、一定期間を休薬にあてる」場合などがあり処方医の指示の下、適切に服用することが重要となる

キロサイド

  • シタラビン製剤
    • DNAポリメラーゼなどのDNA複製に必要な酵素を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす
  • 急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病などで使用する

ジェムザール

  • ゲムシタビン製剤
    • 細胞内で代謝された後、DNA合成を直接的・間接的に阻害することで抗腫瘍効果をあらわす
  • 非小細胞肺がん、膵がん、胆道がん、卵巣がん、乳がん、悪性リンパ腫など多くのがんに対して高い抗腫瘍効果をあらわすとされる

薬の種類一覧

代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:挿入剤

注射薬:液剤

注射薬:散剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正