日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

C型肝炎ウイルス治療薬(内服薬)解説

しーがたかんえんういるすちりょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • C型肝炎ウイルス(HCV)の複製を阻害しHCVの増殖を抑える薬
    • C型肝炎はHCVに感染しておこり、慢性化すると肝硬変や肝がんがおこりやすくなる
    • HCVは遺伝情報をもつRNAやタンパク質などを合成し複製・増殖する
    • 本剤はHCVの増殖に必要なRNAやタンパク質生成などを阻害することで抗ウイルス作用をあらわす
  • 薬剤のHCVに対する作用によって一般的に以下の種類に分けられる
    • RNAの複製に必要な酵素を抑えるRNAポリメラーゼ阻害薬
    • HCV複製に必要なタンパク質生成を阻害するプロテアーゼ阻害薬
    • HCV複製に必要なHCV複製複合体の形成に重要な非構造蛋白5A(NS5A)を阻害する薬
  • 本剤の中にはインターフェロン製剤との併用を前提とした薬剤もある

詳しい薬理作用

C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)に感染によっておこる肝臓の病気で、肝臓の細胞が壊され慢性化すると肝硬変や肝がんへ進行する。C型肝炎の治療としてインターフェロンや抗ウイルス薬による治療が中心となる。

HCVが増殖するためには肝臓の細胞に侵入した後、自身を複製するための遺伝情報を含むRNAというものを複製する必要がある。RNAの複製にはRNAポリメラーゼという酵素が必要となる。RNAによりタンパク質が作られた後、このタンパク質がプロテアーゼという酵素によって形が変換されウイルスの材料となり新しいHCVが作られる。またこのようにHCVを複製に必要なRNAやタンパク質などを作るために形成される複合体のことをHCV複製複合体と呼ぶ。

本剤はHCVが増殖するために必要な酵素であるRNAポリメラーゼ又はプロテアーゼを阻害することにより抗ウイルス作用をあらわす。また、HCV複製複合体の阻害作用により抗ウイルス作用をあらわす薬剤もある。

本剤はHCVに対する作用によって主に以下に分けられる。

  • HCVのRNAポリメラーゼを阻害する薬剤[主な薬剤:リバビリン(商品名:レベトール、コペガス)]
  • HCVのプロテアーゼを阻害する薬剤[主な薬剤;テラプレビル(商品名:テラビック)、アスナプレビル(商品名:スンペブラ)など]
  • HCV複製複合体の形成に重要な非構造蛋白5A(NS5A)を阻害する薬剤[主な薬剤:ダクラタスビル(商品名:ダクルインザ)など]
  • HCV複製に関わる非構造蛋白5B(NS5B)のRNAポリメラーゼを阻害する薬剤[主な薬剤:ソホスブビル(商品名:ソバルディ)など]

また本剤の中にはインターフェロン製剤との併用を前提とした薬剤ある。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 痒み、発疹、紅斑、蕁麻疹などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 吐き気、便秘、下痢などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状(薬剤によって頻度などが特に大きく異なる場合もある)
    • 頭痛、不眠、めまいなどがあらわれる可能性がある
  • 無顆粒球症、白血球減少、血小板減少など
    • 突然の高熱、さむけ、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

レベトール コペガス

  • リバビリン製剤
  • RNAポリメラーゼ阻害薬
  • レベトール(カプセル剤):ペグインターフェロンアルファ-2b、インターフェロンベータ、ソホスブビル(ソバルディ)、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル配合剤(ヴィキラックス)、ソホスブビル・ベルパタスビル配合剤(エプクルーサ)のいずれかと併用する薬剤
  • コペガス(錠剤):ペグインターフェロンアルファ-2a、ソホスブビル(ソバルディ)のいずれかと併用する薬剤

ダクルインザ スンペブラ

  • この2剤の特徴
    • ダクルインザ(成分名:ダクラタスビル塩酸塩)は非構造蛋白5A(NS5A)の阻害薬
    • スンペブラ(成分名:アスナプレビル)はプロテアーゼ阻害薬
    • 原則として、上記2剤は併用して治療に用いる
  • この2剤を併用中のグレープフルーツジュースの摂取に関する注意
    • 2剤併用中のグレープフルーツジュースの摂取は控える
    • グレープフルーツジュースにより、薬剤の代謝が阻害され薬剤の作用に影響を与える可能性がある

ソバルディ

  • 非構造蛋白5B(NS5B)RNAポリメラーゼ阻害薬
  • 原則として、リバビリンとの併用により12週間投与する

ハーボニー配合錠

  • レジパスビルとソホスブビル(ソバルディの成分)の配合剤
    • レジパスビル:非構造蛋白5A(NS5A)の阻害薬
    • ソホスブビル:非構造蛋白5B(NS5B)RNAポリメラーゼ阻害薬
  • 通常(抗ウイルス薬としては本剤単独で)12週間投与する

エレルサ グラジナ

  • この2剤の特徴
    • エレルサ(成分名:エルバスビル):非構造蛋白5A(NS5A)の阻害薬
    • グラジナ(成分名:グラゾプレビル):プロテアーゼ阻害薬
    • 原則として、上記2剤の併用により12週間投与する

ジメンシー配合錠

  • ダクラタスビル塩酸塩(ダクルインザの成分)、アスナプレビル(スンペブラの成分)、ベクラブビルの配合剤
    • ダクラタスビル塩酸塩:非構造蛋白5A(NS5A)の阻害薬
    • アスナプレビル:プロテアーゼ阻害薬
    • ベクラブビル:非構造蛋白5B(NS5B)RNAポリメラーゼ阻害薬・「ダクラタスビル+アスナプレビルの併用療法」にベクラブビルを追加することで薬剤耐性変異への有効性を高めている
  • 通常、12週間投与する

マヴィレット配合錠

  • グレカプレビル、ピブレンタスビルの配合剤
    • グレカプレビル水和物:プロテアーゼ阻害薬
    • ピブレンタスビル:非構造蛋白5A(NS5A)の阻害薬
  • オムビタスビル、ダクラタスビル、レジパスビルなどの薬剤に対して耐性を示す薬剤耐性変異にも効果が期待できる

エプクルーサ配合錠

  • ソホスブビル、ベルパタスビルの配合剤
    • ソホスブビル:非構造蛋白5B(NS5B)RNAポリメラーゼ阻害薬
    • ベルパタスビル:非構造蛋白5A(NS5A)の阻害薬

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正