日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

グリコペプチド系抗菌薬解説

ぐりこぺぷちどけいこうきんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 細菌の細胞壁合成を阻害し細菌を殺すことで抗菌作用をあらわす薬
    • 細胞壁という防御壁をもつ種類の細菌は、細胞壁が作れないと生きることができない
    • 細胞壁を構成するタンパク質にペプチドグリカンというものがある
    • 本剤はペプチドグリカンが生成される前段階の物質に作用し細胞壁合成を阻害することで抗菌作用をあらわす
  • 本剤は特にMRSA感染症に対して有効とされる抗菌薬となる

詳しい薬理作用

細胞壁という壁をもつ細菌はこれがないと生きていけない。

細菌の細胞壁を構成するタンパク質にペプチドグリカンというものがあり、これが生成する前の段階の物質としてペプチドグリカン前駆体がある。

本剤はペプチドグリカン前駆体に結合することで細菌の細胞壁合成を阻害し殺菌的に抗菌作用をあらわす。

本剤はグラム陽性菌(黄色ブドウ球菌など)に高い抗菌作用をあらわし、特にMRSA感染症の治療に有効とされる。

主な副作用や注意点

  • 過敏症
    • 発疹、発熱などがあらわれる場合がある
  • 難聴(脳神経障害)
    • 頻度は稀だが、めまい、耳鳴り、聴力低下などがあらわれる場合がある
  • 腎機能障害
    • 頻度は稀である
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

バンコマイシン

  • 主にMRSA感染症に使用する
  • 細菌の細胞膜に対してその透過性を変化させる作用もあらわすとされる(細胞膜の透過性が変化すると細胞内の成分が放出され細菌は生きていけない)
  • 注射剤を急速に投与した場合に、紅潮(体の上部に多い)、痒み、胸痛、血圧低下などの症状(レッドマン症候群)があらわれる場合があり、原則として点滴静注する場合は60分以上かけておこなう

タゴシッド

  • 主にMRSA感染症に使用する
  • 一般的に、バンコマイシンに比べると比較的副作用(腎毒性などを含む)が少ないとされる
  • 注射剤を急速に投与した場合に、紅潮(体の上部に多い)、痒み、胸痛、血圧低下などの症状(レッドマン症候群)があらわれる場合があり、原則として30分以上かけて点滴静注をおこなう

薬の種類一覧

グリコペプチド系抗菌薬の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:散剤

内用薬:散剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
  3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
  5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
  6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
  9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
  10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
医師と医学研究者におすすめの英文校正