日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

マクロライド系抗菌薬解説

まくろらいどけいこうきんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる
    • タンパク質合成はリボソームという器官で行われる
    • 本剤は細菌のリボソームでのタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑える
  • マイコプラズマやクラミジアなどの菌に対しても高い抗菌作用をあらわす
  • 服用する際、比較的苦味を強く感じる場合がある

詳しい薬理作用

細菌の生命維持や増殖にはタンパク質の合成が必要であり、それはリボソームという器官で行われる。細菌のリボソームは30Sと50Sというサブユニットに分けられる。

本剤は細菌などの50Sサブユニットに作用することでタンパク質合成を阻害し、細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす。

本剤はマイコプラズマなどの細胞壁をもたない細菌や細胞内に寄生するクラミジアなどに対しても抗菌作用をあらわす。本剤の中でも胃酸に対する安定性や体内の組織への移行性の増大させたクラリスロマイシン、ロキシスロマイシン、アジスロマイシンをニューマクロライドと呼ぶことがある。

また本剤は内服する際、比較的苦味を感じやすい薬剤であり、特に薬剤を噛み砕いたり、スポーツ飲料やジュースなどの酸性飲料で服用すると強い苦味を感じる場合がある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢、腹痛などの症状があらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 心室頻拍やQT延長症候群などがあらわれる場合がある
    • 心疾患をもつ患者への使用は特に注意する
  • 内服時の苦味に関する注意
    • 服用の際、スポーツ飲料やジュースなどの酸性飲料(酸味がある飲み物)で服用すると苦味が増す場合がある

一般的な商品とその特徴

エリスロシン

  • エリスロマイシン製剤
  • 錠剤、ドライシロップ剤、顆粒剤、注射剤と剤形が多く用途や疾患などによって選択される

クラリス,クラリシッド

  • クラリスロマイシン製剤
  • マイコプラズマ、クラミジアなどに対して比較的優先して使用される薬剤
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症における除菌治療で使用する場合もある
  • 錠剤、ドライシロップ剤があり用途などによって選択される

ジスロマック

  • アジスロマイシン製剤
  • 小児用カプセル剤や細粒剤、成人用ドライシロップ剤など剤形が多く、用途や疾患などによって選択される
  • 感染症の種類や使用する剤形によっても服用方法などが異なる場合がある

ジョサマイ,ジョサマイシン

  • ジョサマイシン製剤
  • 錠剤、シロップ剤、ドライシロップ剤があり用途などによって選択される
  • 他のマクロライド系抗菌薬に比べ内服時の苦味が比較的少ないとされる

アセチルスピラマイシン

  • スピラマイシン製剤
  • トキソプラズマ症などに使用する場合もある

薬の種類一覧

マクロライド系抗菌薬の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:散剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正