日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

セフェム系抗菌薬解説

せふぇむけいこうきんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 細菌の細胞壁合成を阻害し細菌を殺すことで抗菌作用をあらわす薬
    • 細胞壁という防御壁をもつ細菌はこれがないと生きることができない
    • 細菌の細胞壁合成に深く関わるペニシリン結合タンパク質(PBP)というものがある
    • 本剤は細菌のPBPに作用し細胞壁合成を阻害することで細菌を殺す作用をあらわす
  • 妊婦にも比較的安全に投与できるとされる
  • 開発された世代によって第一世代〜第四世代に分けられる
    • 各世代で、各種細菌へ対して、それぞれ得手・不得手がある
    • 世代が同じであっても薬剤によって各種細菌に対して得手・不得手の違いが生じる場合がある

詳しい薬理作用

細胞壁とよばれる防御壁をもつ細菌はこれがないと生きることができない。細菌の細胞壁の合成に深く関わるタンパク質にペニシリン結合タンパク質(PBP)がある。

本剤は細菌のPBPに作用し細菌の細胞壁合成を阻害することで、細菌を殺すことにより抗菌作用をあらわす。

本剤は開発された世代によって薬剤がもつ抗菌作用の範囲に違いがあり第一世代から第四世代までに分けられる。一般的には、第一世代に近いほど黄色ブドウ球菌(化膿性皮膚疾患などの原因となる菌)などのグラム陽性菌という種類に対して作用が強く、第四世代に近いほど緑膿菌(呼吸器感染症や尿路感染症などの原因となる菌)などのグラム陰性桿菌という種類に対して作用が強くなっている。ただし、同じ世代内でも薬剤ごとで細菌の種類により抗菌作用に差が出るものもある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢、食欲不振などの症状があらわれる場合がある
  • アナフィラキシーショック
    • 頻度は非常に稀である
    • 皮膚のかゆみ、蕁麻疹、声のかすれ、息苦しさなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 偽膜性大腸炎
    • 頻度は非常に稀である
    • 頻繁に下痢がおきる、粘性のある便、腹痛、吐き気などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ケフラール

  • 第一世代のセフェム系抗菌薬
  • 小児用の細粒剤もあり、用途などによって選択が可能

パンスポリン

  • 第二世代のセフェム系抗菌薬
  • 錠剤は吸湿性が高いため、服用の直前にシートから取り出して使用する

セフゾン

  • 第三世代のセフェム系抗菌薬
  • 小児用の細粒剤もあり、用途などによって選択が可能

フロモックス

  • 第三世代のセフェム系抗菌薬
  • 小児用の細粒剤もあり、用途などによって選択が可能

メイアクト

  • 第三世代のセフェム系抗菌薬
  • 小児用の細粒剤もあり、用途などによって選択が可能

薬の種類一覧

セフェム系抗菌薬の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:挿入剤

注射薬:キット類

注射薬:散剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 71歳男性、ペースメーカー植え込み後 日経メディクイズ●心電図
  2. 「それは精神的な問題です」と内科医が言うとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  3. 製薬会社の弁当はNGか? ~個人的な意見~ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  4. β遮断薬:アーチスト抜き、メインテートが1位 NMO処方サーベイ
  5. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  6. 3年ぶりに改訂された膵癌診療ガイドラインを解説 日経メディカルOncologyリポート
  7. 80歳男性。左股関節痛 日経メディクイズ●救急
  8. その比べ方では論文の論理性があいまいに! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意
  9. 50歳代男性に生じためまい、鑑別の進め方 カンファで学ぶ臨床推論
  10. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
医師と医学研究者におすすめの英文校正