日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

球形吸着炭解説

きゅうけいきゅうちゃくたん

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 腎不全における体内の毒素を吸着し、便と一緒に排泄することで尿毒症を改善する薬
    • 腎不全では老廃物などを排泄する腎臓の機能が低下し、体内に毒素が残りやすい状態
    • 活性炭は体内で毒素などを吸着し、吸着した毒素を便と一緒に体外へ排泄する作用をもつ
    • 本剤は活性炭の製剤であり、体内に毒素が蓄積する尿毒症の改善作用をあらわす
  • 本剤は通常、食後2時間後や食間(食事から食事までの中間時間)などに服用する

詳しい薬理作用

腎不全では老廃物などを排泄する腎臓の機能が低下していて、体内に毒素が残りやすい状態になっている。

活性炭は毒素を含む化学物質を吸着する作用をもつ。活性炭を体内へ摂取すると、毒素が体内へ吸収される前に活性炭が毒素をあらかじめ吸着し、便と一緒に体外へ排泄する。これにより体内に毒素が蓄積する尿毒症を改善することができる。

本剤は活性炭製剤であり、腎不全により排出できない体内の毒素を吸着し、体外へ便と一緒に排泄する作用により尿毒症を改善する。

尚、本剤の吸着作用により、他の治療薬などを同時に服用するとそれらの治療薬の吸収や効果の減弱の可能性があるため、本剤の服用は他の治療薬と間隔をあけて行う。(本剤は通常、食後2時間後や食間〔食事から食事までの中間時間〕などに服用する)

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 便秘、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢などの症状があらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、痒み、皮疹などの症状があらわれる場合がある
  • 他の治療薬を併用する場合の注意
    • 本剤の吸着作用により他の治療薬の吸収や効果を減弱させる可能性がある
    • 他の治療薬を併用する場合は本剤との同時服用は避ける

一般的な商品とその特徴

クレメジン

  • 本剤は通常、1日6g(病態などによって服用量が変更になる場合もある)を3回に分けて服用する薬剤で服薬状況などにより剤形選択が可能
    • カプセル剤(主成分を1カプセルに200mg含有)では通常、1日30カプセル(1日6g相当)服用することになる
    • 細粒剤(主成分を1包中に2g含有)では通常、1日3包(1日6g相当)服用することになる
    • 速崩錠(主成分を1錠中に500mg含有)では通常、1日12錠(1日6g相当)服用することになる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正