日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

副甲状腺ホルモン製剤解説

ふくこうじょうせんほるもんせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 骨を作る細胞を増やし骨量を増やすことで骨粗しょう症による骨折などの危険性を低下させる薬
    • 骨粗しょう症では骨を壊す過程(骨吸収)が骨を作る過程(骨形成)を上回り骨量が低下して骨折などの危険が伴う
    • 副甲状腺ホルモンは断続的に途切れ途切れ投与すると骨を作る細胞が増え骨形成が促進される
    • 本剤は副甲状腺ホルモンの製剤で骨形成を促進する作用をあらわす
  • 製剤ごとに投与期間の制限が決められている

詳しい薬理作用

骨粗しょう症では骨を壊す細胞(破骨細胞)と作る細胞(骨芽細胞)のバランスが崩れることで、骨がもろくなってしまい、転ぶことなどにより骨折する危険性が高くなる。

骨が壊される過程を骨吸収といい、骨が新たしく作られる過程を骨形成といい、骨形成は骨芽細胞の働きによって行われる。副甲状腺ホルモンは骨吸収を促進することで血液中のカルシウム濃度を上げる。これはこのホルモンによって骨のカルシウムが血液中に溶け出しているからであり、常に副甲状腺ホルモンがある場合では骨吸収が継続して骨がもろくなる。しかし、副甲状腺ホルモンを断続的に途切れ途切れで投与し、”一時期的に”副甲状腺ホルモンの濃度を高めると骨芽細胞が増加し、骨形成が促進されることがわかっている。

本剤は副甲状腺ホルモンを断続的に途切れ途切れ投与する製剤であり、骨芽細胞を増やし骨形成を促進させ骨粗しょう症を治療する。本剤は過度に投与量を増やしたり投与期間を長くすると骨肉腫の発生確率が高くなるなどの懸念があるため、製剤ごとに投与を継続する最長の期間が決められている。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、嘔吐、胃炎、口渇などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頭痛、めまい、眠気などがあらわれる場合がある
  • アナフィラキシー
    • 頻度は非常に稀である
    • 皮膚のかゆみ、じんま疹、声のかすれ、息苦しさ、動悸などがみられる場合がある
    • 上記のような症状がみられた場合は放置せず、すみやかに医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

フォルテオ

  • 通常、1日1回、自己注射により投与する製剤
  • 本剤の投与は24ヶ月までとする

テリボン

  • 通常、1週間に1回、病院やクリニックなどの医療機関で注射により投与する製剤
  • 本剤の投与は24ヶ月までとする

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 85歳男性。腹部膨満 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
  2. 85歳男性。腹部膨満 日経メディクイズ●腹部X線
  3. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  4. かかりつけ医機能の在り方を議論 シリーズ◎2020診療報酬改定
  5. 2カ月男児。前胸部の鱗屑を伴う環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚
  6. 公立・公的病院の機能改革、形式的な対応多く 地域医療構想に関するワーキンググループ
  7. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  8. よく分かる「民間療法に頼ろうとする心理」 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  9. トルリシティの重大な副作用に重度の下痢、嘔吐が追… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  10. ウルティブロ、カラカラ音の「吸えた感」が好評 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正