日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

SERM解説

サーム

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 骨代謝に関わるエストロゲンのバランスを調整し、骨量を増やして閉経後の骨粗しょう症における骨折などの危険性を低下させる薬
    • 骨粗しょう症では骨を壊す過程(骨吸収)が骨を作る過程(骨形成)を上回っていて、骨量が低下することで骨折などの危険が伴う
    • エストロゲンは骨量の増加に関わっており、閉経後はエストロゲンが減少し骨量が低下する
    • 本剤は選択的エストロゲン受容体調整薬(SERM)といい、骨代謝に関わるエストロゲンのバランスを調整し、骨量を増加させる作用をあらわす
  • 頻度は非常に稀だが、特徴的な副作用に静脈血栓症などがある

詳しい薬理作用

骨粗しょう症は骨を壊す破骨細胞が骨を吸収する(骨吸収)と骨を作る骨芽細胞が新しい骨を作る(骨形成)のバランスが崩れることで、骨がもろくなってしまい、転倒などによって骨折の危険性が高くなる。

体内で女性ホルモンのエストロゲンは骨代謝(骨量の増加など)に関わっている。特に女性は閉経後、エストロゲンが急激に減少することによって、骨の形成が骨の吸収に追いつかなくなり骨粗しょう症による骨折などの危険性が高まる。

本剤(SERM)は選択的エストロゲン受容体調整薬といい、骨のエストロゲン受容体に選択的に作用し、閉経により減少したエストロゲンのバランスを調整することで、骨量を増やす作用をあらわすことで主に閉経後の骨粗しょう症の治療に使われる。SERMの治療における注意として、エストロゲンには血液凝固を促進する作用などもあり、頻度は非常に稀だが本剤の副作用として静脈血栓塞栓症などがある。

なお、本剤をあらわすSERMとは「Selective Estrogen Receptor Modulator(選択的エストロゲン受容体調節薬)」の略称。

主な副作用や注意点

  • 皮膚症状
    • 発疹、痒みなどの症状があらわれる場合がある
  • 乳房症状
    • 乳房緊満、乳腺症などがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • ほてりなどがあらわれる場合がある
  • 静脈血栓塞栓症
    • 頻度は非常に稀である
    • 下肢の疼痛・むくみ、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛などの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、吐き気、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

エビスタ

  • ラロキシフェン製剤
  • 骨粗しょう症治療薬としては最初に発売されたSERM

ビビアント

  • バゼドキシフェン製剤
  • 背骨以外の骨折の発生率を低下させることなどにより有用とされる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:488
  2. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:193
  3. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:108
  4. ディレグラ処方の査定にご注意を! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:50
  5. 「病院を大津波が襲った日」を今改めて読む意味 記者の眼 FBシェア数:47
  6. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:24
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その2) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  8. マニキュアを取ったら爪が緑色に!? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:10
  9. 高齢者の尿路感染症には速やかな抗菌薬が有効 BMJ誌から FBシェア数:63
  10. 世界初、iPS細胞による脊髄損傷の臨床研究開始 インタビュー◎iPS細胞由来の神経幹細胞移植で機能改善を目指す FBシェア数:181
医師と医学研究者におすすめの英文校正