日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ビタミンK製剤解説

びたみんけーせいざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 体内にビタミンKを補うことで、ビタミンKの以下の働きにより骨粗しょう症の治療や出血傾向などの改善へ使用する薬
    • ビタミンKは骨を強くする働きをもつ
    • ビタミンKは血液を固める要因(血液凝固因子)に関与し、血液を固める働きをもつ
  • 製剤によって使用する症状や疾患が異なる場合がある

詳しい薬理作用

ビタミンKは脂溶性(脂に溶けやすい性質)のビタミンで、骨の代謝や血液を固める体内の働き(血液凝固)などに関与する。

ビタミンKは骨の代謝に関与して、骨の形成を促進し骨吸収(骨が破壊される)のを抑える作用をあらわす。

ビタミンKは血液凝固因子(第II、第VII、第IX、第X因子)の産生に必要であり、ビタミンKを体内に補うことで、血液を固めて出血傾向などを改善する作用をあらわす。

これらの作用により、ビタミンK製剤は骨粗しょう症の治療や乳児ビタミンK欠乏性出血症(生まれてまもない新生児などがビタミンKの不足により出血しやすくなる病気)などの治療に使用される。製剤によって使用する症状や疾患が異なる場合がある。

なお、抗凝固薬として頻用されているワルファリンカリウム(主な商品名:ワーファリン)は、体内でビミタンKの働きを抑えることで、抗凝固(血液をサラサラにする)作用をあらわすため、なんらかの治療でワルファリンカリウムを服用中の場合、本剤(ビタミンK製剤)は原則として併用できない(ただし、ワルファリンカリウム投与中におこる低トロンビン血症の場合などは除く)。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、下痢などの症状があらわれる場合がある
  • ワルファリンカリウム(主な商品名:ワーファリン)との相互作用(飲み合わせ)
    • ワルファリンカリウムはビタミンKに拮抗して抗凝固作用をあらわすため、原則して本剤はワルファリンカリウムとは併用しない(ただし、ワルファリンカリウム製剤投与中におこる低トロンビン血症の場合などは除く)

一般的な商品とその特徴

グラケー

  • 主に骨粗しょう症における骨量・疼痛の改善に使用される

ケイツー

  • カプセル剤、シロップ剤、注射剤があり、用途などに合わせて選択される
  • 乳児ビタミンK欠乏性出血症や分娩時出血などに使用される

ケーワン

  • 肝障害に伴う低プロトロンビン血症やビタミンK欠乏性出血などに使用される

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
  2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
  3. 81歳女性。フェニトイン服用中の転倒 日経メディクイズ●脳神経内科
  4. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  5. 瞬間的心電図判読方法の良書 医学書ソムリエ
  6. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  7. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  8. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  10. TAVIやAVRを受けた後は心房細動発症率が高い JAMA Intern Med誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正