日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アルドース還元酵素阻害薬 解説

あるどーすかんげんこうそそがいやく

アルドース還元酵素阻害薬の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 糖尿病性神経障害による手足のしびれや痛み、冷感、こむら返りなどの症状を和らげる薬
    • 糖尿病性神経障害はソルビトールという糖が神経細胞内に蓄積することなどでおこるとされる
    • ソルビトールは体内でブドウ糖からアルドース還元酵素というものの働きによって生成される
    • 本剤はアルドース還元酵素を阻害し、ソルビトール生成を抑える作用をもつ
詳しい薬理作用

糖尿病性神経障害は神経細胞内にソルビトールという糖が蓄積し神経細胞の機能や血流が低下することなどにより細胞の機能障害がおこるとされ、手足のしびれや痛み、足のつりや手や足先の冷感やほてりなどの症状があらわれる。

ソルビトールは体内でブドウ糖からアルドース還元酵素というものの働きによって生成される。糖尿病において血糖値が高い状態(血液中のブドウ糖の量が多い状態)ではアルドース還元酵素が活発になり、ソルビトールの生成を促進し神経障害を引き起こすとされる。

本剤はアルドース還元酵素を阻害しソルビトールの生成を抑え、糖尿病における神経障害の症状を和らげる作用をあらわす。

糖尿病性神経障害は神経細胞内にソルビトールという糖が蓄積し神経細胞の機能や血流が低下することなどにより細胞の機能障害がおこるとされ、手足のしびれや痛み、足のつりや手や足先の冷感やほてりなどの症状があらわれる。

ソルビトールは体内でブドウ糖からアルドース還元酵素というものの働きによって生成される。糖尿病において血糖値が高い状態(血液中のブドウ糖の量が多い状態)ではアルドース還元酵素が活発になり、ソルビトールの生成を促進し神経障害を引き起こすとされる。

本剤はアルドース還元酵素を阻害しソルビトールの生成を抑え、糖尿病における神経障害の症状を和らげる作用をあらわす。

主な副作用や注意点
  • 消化器症状
    • 腹痛、吐き気、下痢などの症状が現れる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が続く場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 血小板減少症
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足に点状出血、あおあざができやすいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
一般的な商品とその特徴
キネダック
  • エパルレスタット製剤
  • 服用方法に関して
    • 通常は食前(一般的には食事を摂る前の30分以内)に服用する

薬の種類一覧

アルドース還元酵素阻害薬の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:錠剤

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。