日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

SGLT2阻害薬 解説

えすじーえるてぃーつーそがいやく

SGLT2阻害薬の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 尿としての糖排泄を増やすことで結果的として血液中の糖(血糖)を減らす薬
    • 糖尿病は血糖値の高い状態が続くことで様々な合併症をひきおこす
    • 体内にはSGLT2という尿から血管へ糖を運ぶ運び屋のような物質が存在する
    • 本剤はSGLT2を阻害し、尿として糖や水分を排泄し血糖値を下げる
  • 作用機序に基づく薬剤の特徴
    • 糖の代謝に関わるインスリンに直接関与しないため「本剤単独投与」の場合は低血糖が少ないとされる
    • 利尿作用による体液量の減少に伴い脱水がおこる場合がある
詳しい薬理作用

 

糖尿病は血液中の血糖(ブドウ糖)が適正な量を超えて増えてしまった状態で、血糖値が高い状態が続くと様々な合併症がおこる。

血糖値は糖が血管内へ吸収されると上昇する。腎臓において尿が送られる管に尿細管というものがある。尿細管の一部では尿から血管へ糖などの吸収(再吸収)が行われている。尿細管から血管へ糖を運ぶ役割を果たしているのがSGLT2という運び屋的な物質である。このSGLT2を阻害すると血管への糖の再吸収が阻害され、尿中に残った糖はそのまま尿として体外へ排泄される。血管への糖の吸収が阻害されるため、結果として血液中の糖の量が減る、つまり血糖値が下がる。

SGLT2阻害薬はこのような作用によって血糖値を下げる効果をあらわす。

尿細管で糖の再吸収が阻害されると排泄される尿量(水分量)も増加する。この作用による本剤の特徴的な副作用の一つに脱水がある。また尿中の糖濃度が高いため尿路感染症にかかりやすい場合もあり注意が必要となる。

主な副作用や注意点
  • 低血糖
    • 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力がぬけた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする
    • 上記のような症状がみられる場合は、吸収の速い糖分などを摂取する
    • 糖分を摂取しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に連絡する
    • 高所作業、自動車の運転などに従事している場合は注意する
  • 腎盂腎炎などの感染症
    • 頻度は稀である
    • 寒気、ふるえ、発熱、わき腹や腰の痛みなどの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 脱水に関しての注意
    • 利尿作用により多尿や頻尿、脱水などの症状があらわれる場合がある
    • 体液の量が減少することがあるので、適度な水分補給を行う(但し、なんらかの治療において水分摂取の制限が指示されている場合などは除く)
    • 高齢者や利尿薬を服用中の患者などは特に注意する
一般的な商品とその特徴
スーグラ
  • イプラグリフロジン製剤
    • 最初に発売されたSGLT2阻害薬
    • 通常、1日1回50mgを投与し、効果不十分な場合には1日量として100mgまで増量可能
    • 肝機能が低下している場合などに対する低用量規格(25mg錠)もある
  • 本剤の成分と他の糖尿病治療薬との配合製剤に関して
    • DPP-4阻害薬(シタグリプチン)との配合剤(スージャヌ配合錠)がある
ルセフィ
  • ルセオグリフロジン製剤
    • 通常、1日1回2.5mgを投与し、効果不十分な場合は1日量として5mgまで増量可能
フォシーガ
  • ダパグリフロジン製剤
    • 通常、1日1回5mgを投与し、効果不十分な場合は1日量として10mgまで増量可能
デベルザ,アプルウェイ
  • トホグリフロジン製剤
    • 通常、1日1回20mgを投与する
カナグル
  • カナグリフロジン製剤
    • 通常、1日1回100mgを投与する
  • 本剤の成分と他の糖尿病治療薬との配合製剤に関して
    • DPP-4阻害薬(テネリグリプチン)との配合剤(カナリア配合錠)がある
ジャディアンス
  • エンパグリフロジン製剤
    • 通常、1日1回10mgを投与し、効果不十分な場合には1日量として25mgまで増量可能
  • 本剤の成分と他の糖尿病治療薬との配合製剤に関して
    • DPP-4阻害薬(リナグリプチン)との配合剤(トラディアンス配合錠)がある

薬の種類一覧

SGLT2阻害薬の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。