日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フィブラート系薬 解説

ふぃぶらーとけいやく

フィブラート系薬の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • コレステロール合成阻害作用やトリグリセリド分解促進作用などにより、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロールとも呼ばれる)やトリグリセリドを低下させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させる薬
    • 肝臓ではコレステロールやトリグリセリドが作られている
    • 体内のリポ蛋白リパーゼ(LPL)という酵素によりトリグリセリドが分解され、血液中のHDLコレステロールが増加する
    • 本剤は肝臓でのコレステロール合成を阻害し、LPLを活性化させるなどの作用をあらわす
  • 本剤は脂質異常症(高脂血症)の中でもトリグリセリド(中性脂肪)が高い病態などに対して有用とされる
詳しい薬理作用

脂質異常症(高脂血症)は血液中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)の数値異常がおこり動脈硬化を早めるなど、色々な病気をおこしやすくする。

肝臓ではコレステロールやトリグリセリドが作られている。体内のリポ蛋白という物質はコレステロールやトリグリセリドを含む物質で血液中に分泌される。リポ蛋白を分解する酵素としてリポ蛋白リパーゼ(LPL)がある。このLPLの働きにより、リポ蛋白中のトリグリセリドが分解され、血液中のHDLコレステロール(善玉コレステロールとも呼ばれる)が増加するなどの作用があらわれる。

本剤は肝臓におけるコレステロールやトリグリセリドの合成を阻害する。また、リポ蛋白の代謝を促進し、トリグリセリドの分解を促進させて血液中のトリグリセリドを低下させ、HDLコレステロールを増やす作用をあらわす。また、LDLコレステロール(悪玉コレステロールとも呼ばれる)の代謝を促進する作用もあらわす。

脂質異常症(高脂血症)は血液中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)の数値異常がおこり動脈硬化を早めるなど、色々な病気をおこしやすくする。

肝臓ではコレステロールやトリグリセリドが作られている。体内のリポ蛋白という物質はコレステロールやトリグリセリドを含む物質で血液中に分泌される。リポ蛋白を分解する酵素としてリポ蛋白リパーゼ(LPL)がある。このLPLの働きにより、リポ蛋白中のトリグリセリドが分解され、血液中のHDLコレステロール(善玉コレステロールとも呼ばれる)が増加するなどの作用があらわれる。

本剤は肝臓におけるコレステロールやトリグリセリドの合成を阻害する。また、リポ蛋白の代謝を促進し、トリグリセリドの分解を促進させて血液中のトリグリセリドを低下させ、HDLコレステロールを増やす作用をあらわす。また、LDLコレステロール(悪玉コレステロールとも呼ばれる)の代謝を促進する作用もあらわす。

主な副作用や注意点
  • 横紋筋融解症
    • 頻度は非常に稀である
    • 手足がしびれたり、力が入らない、全身がだるい、尿の色が赤褐色になるなどの症状がみられる場合がある
    • 症状がみられる場合は放置せず、すみやかに医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀である
    • 倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 高脂血症治療薬であるスタチン系薬との併用に関しての注意
    • 治療上必要と判断された場合を除き、原則として併用しない
一般的な商品とその特徴
ベザトール
  • ベザフィブラート製剤
  • 徐放性製剤であり、原則として噛んだり砕いたりして服用しない
  • 通常、1日2回に分けて服用する
トライコア,リピディル
  • フェノフィブラート製剤
  • 通常、1日1回服用する(病態などによっては1日2回などの服用方法が指示される場合も考えられる)
パルモディア
  • ペマフィブラート製剤
  • 通常、1日2回服用する
  • 作用の特徴(主に肝臓の脂質に代謝に関わる遺伝子群の発現を選択的に調節することで脂質代謝を改善する)から選択的PPARαモジュレーターとも呼ばれる

薬の種類一覧

フィブラート系薬の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:カプセル剤
内用薬:錠剤

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。