日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

尿酸生成阻害薬解説

にょうさんせいせいそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 体内でプリン体から尿酸を生成する酵素を阻害し、尿酸生成を抑えて高尿酸血症を改善したり、痛風発作などを予防する薬
    • 高尿酸血症では血液中の尿酸濃度が高く、痛風や腎臓障害の原因となる
    • 尿酸は肝臓でプリン体がキサンチンオキシダーゼ(XO)という酵素により代謝され生成される
    • 本剤はXOを阻害する作用により、尿酸の生成を阻害する
  • 薬剤によっては尿酸結石の予防で使用する場合もある

詳しい薬理作用

高尿酸血症では血液中の尿酸の濃度が高い状態にあり、痛風や腎臓障害の原因となる。尿酸はプリン体が肝臓で代謝されることにより生成され、プリン体を尿酸へ代謝させる酵素にキサンチンオキシダーゼ(XO)というものがある。XOを阻害すると尿酸の生成が抑えられる。

本剤はXOを阻害することにより体内のプリン体の代謝を抑え、尿酸の生成を阻害する。尿酸の生成を抑えることで高尿酸血症を改善し痛風発作などを予防する作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 胃部不快感、下痢などの症状があらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 頻度は稀だが、発疹などの症状があらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などの症状がみられ持続する場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ザイロリック サロベール

  • アロプリノール製剤
  • 本剤の服用中に痛風が悪化した場合はコルヒチンなどを併用する

フェブリク

  • フェブキソスタット製剤
    • 軽度〜中等度の腎機能障害があっても、通常用量での使用が可能とされている
    • 服用方法・通常、1日1回、服用する
  • 本剤の服用中に痛風発作がおこった場合の注意
    • 医師に指示された用量で服用を継続する
    • 症状に応じて、コルヒチンなどを併用する
  • がん化学療法に伴う高尿酸血症などへ使う場合もある

ウリアデック トピロリック

  • トピロキソスタット製剤
    • 軽度〜中等度の腎機能障害があっても、通常用量での使用が可能とされている
    • 服用方法・通常、1日2回、服用する
  • 本剤の服用中に痛風発作がおこった場合の注意
    • 医師に指示された用量で服用を継続する
    • 症状に応じて、コルヒチンなどを併用する

薬の種類一覧

尿酸生成阻害薬の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正