日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

塩類下剤解説

えんるいげざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 便の水分バランスなどを改善させ排便を促す薬
    • 便秘は何らかの原因によって腸の動きが弱くなるなどにより排便が順調に行われない状態
    • 塩類下剤は腸内で便に水分を含ませ膨大・軟化させることで排便を促す作用をあらわす
  • 本剤の中には製剤中の金属イオンなどの作用により胃酸を中和する制酸作用をあらわす薬剤もある

詳しい薬理作用

便秘は排便が順調に行われない状態で、何らかの原因によって腸の動きが弱くなっていたり神経機能が低下することなどでおこる。便秘によってお腹が張る、げっぷが出るなどの症状があらわれ場合によっては高血圧などが引き起こされることもある。

塩類下剤は腸内で腸内容物に水分を吸収させ膨大・軟化することにより蠕動運動を亢進させることで排便を促す作用をあらわす。また本剤の中には薬剤に含まれる金属イオンなどの作用により消化管内において胃酸を中和する制酸作用をあらわすものもある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢などがあらわれる場合がある
  • マグネシウムを含む製剤における高マグネシウム血症
    • 頻度は極めて稀だがおこる可能性がある
    • 吐き気・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • テトラサイクリン系抗菌薬、ニューキノロン系抗菌薬などの薬剤と併用する場合の注意
    • 本剤に含まれる金属イオンが上記薬剤の吸収を低下させる可能性がある
    • 本剤と上記薬剤を併用する場合は服用の間隔をあけることが必要となる場合がある

一般的な商品とその特徴

酸化マグネシウム マグラックス マグミット 重カマ

  • 酸化マグネシウム製剤で、散剤、細粒剤、錠剤があり嚥下能力などによって選択が可能
    • 比較的緩やかに排便を促す緩下剤となる

ミルマグ

  • 水酸化マグネシウム製剤で、錠剤、液剤があり嚥下能力などによって選択が可能
    • 比較的緩やかに排便を促す緩下剤となる

マグコロール

  • クエン酸マグネシウム製剤
  • 大腸検査の前処置用下剤として使用する
  • マグコロールは液剤、マグコロールPは散剤(水に溶解して使用)となる

薬の種類一覧

塩類下剤の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1303
  2. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 定年後の医師が気持ちよく働いてくれています シリーズ◎何でもPros Cons【医師のキャリア、どっちがいい?】 FBシェア数:35
  4. 第108回看護師国家試験、合格率は89.3% 5万6767人の新看護師が誕生、うち大卒は2万382人 FBシェア数:318
  5. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:44
  6. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:90
  7. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:107
  8. 外科医の自分を支える三階部分の認定医資格 シリーズ◎何でもPros Cons【専門医資格、どれくらい取得する?】 FBシェア数:11
  9. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:4
  10. 「学位は役に立たないから不要」はみみっちい? シリーズ◎何でもPros Cons【学位って取るべき?】 FBシェア数:23
医師と医学研究者におすすめの英文校正