日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

塩類下剤解説

えんるいげざい

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 便の水分バランスなどを改善させ排便を促す薬
    • 便秘は何らかの原因によって腸の動きが弱くなるなどにより排便が順調に行われない状態
    • 塩類下剤は腸内で便に水分を含ませ膨大・軟化させることで排便を促す作用をあらわす
  • 本剤の中には製剤中の金属イオンなどの作用により胃酸を中和する制酸作用をあらわす薬剤もある

詳しい薬理作用

便秘は排便が順調に行われない状態で、何らかの原因によって腸の動きが弱くなっていたり神経機能が低下することなどでおこる。便秘によってお腹が張る、げっぷが出るなどの症状があらわれ場合によっては高血圧などが引き起こされることもある。

塩類下剤は腸内で腸内容物に水分を吸収させ膨大・軟化することにより蠕動運動を亢進させることで排便を促す作用をあらわす。また本剤の中には薬剤に含まれる金属イオンなどの作用により消化管内において胃酸を中和する制酸作用をあらわすものもある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢などがあらわれる場合がある
  • マグネシウムを含む製剤における高マグネシウム血症
    • 頻度は極めて稀だがおこる可能性がある
    • 吐き気・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • テトラサイクリン系抗菌薬、ニューキノロン系抗菌薬などの薬剤と併用する場合の注意
    • 本剤に含まれる金属イオンが上記薬剤の吸収を低下させる可能性がある
    • 本剤と上記薬剤を併用する場合は服用の間隔をあけることが必要となる場合がある

一般的な商品とその特徴

酸化マグネシウム マグラックス マグミット 重カマ

  • 酸化マグネシウム製剤で、散剤、細粒剤、錠剤があり嚥下能力などによって選択が可能
    • 比較的緩やかに排便を促す緩下剤となる

ミルマグ

  • 水酸化マグネシウム製剤で、錠剤、液剤があり嚥下能力などによって選択が可能
    • 比較的緩やかに排便を促す緩下剤となる

マグコロール

  • クエン酸マグネシウム製剤
  • 大腸検査の前処置用下剤として使用する
  • マグコロールは液剤、マグコロールPは散剤(水に溶解して使用)となる

薬の種類一覧

塩類下剤の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 「0円求人」で4カ月で7人を採用できたわけ 診療所マネジメント実践記
  3. 勘違いが多い「離婚調停」の実情 裁判官が語る医療訴訟の実像
  4. がん薬物療法中に自損事故、運転禁止で済まぬ事情も 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  5. 患者の言葉を封じ込める「お変わりないですか」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《1》
  6. スタッフに私用を頼み過ぎた院長の後悔 開業の落とし穴
  7. 「誤嚥性肺炎か、心不全か」で悩んだら 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  8. 透析見合わせ105例から見えてくる課題 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《5》
  9. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  10. 胃癌1次治療におけるペムブロリズマブの意義とは 日経メディカルOncologyリポート
医師と医学研究者におすすめの英文校正