日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

消化酵素製剤 解説

しょうかこうそせいざい

消化酵素製剤の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 複数の消化酵素を体内に補うことで消化酵素が不足しておこる消化器症状などを改善する薬
    • 体内の消化酵素が不足すると便秘や下痢などをはじめ様々な症状があらわれる可能性がある
    • 消化酵素は炭水化物、タンパク質、脂肪などを分解するものにそれぞれ分かれる
    • 本剤は消化酵素を複数含む製剤であり、消化不良などの症状を改善する作用をあらわす
詳しい薬理作用

消化酵素は炭水化物、タンパク質、脂肪などを分解して体内で利用しやすい形にかえる働きをする物質で、何らかの理由で体内の消化酵素が不足すると便秘、下痢などの消化器症状や血流の悪化、皮膚症状など様々な影響を及ぼす可能性がある。

消化酵素はデンプンや糖を分解する炭水化物分解酵素、タンパク質やペプチドを分解するタンパク質分解酵素、脂肪を分解する脂肪分解酵素などに分かれる。

本剤は消化酵素を主成分とする製剤で、消化酵素を補うことで消化不良や消化酵素不足でおこる諸症状の改善作用をあらわす。また製剤によって含有する消化酵素の成分などが異なる場合がある。

主な副作用や注意点
  • 過敏症
    • 非常に稀だが、くしゃみ、皮膚症状(発赤、発疹など)などがあらわれる可能性がある
一般的な商品とその特徴
パンクレアチン
  • パンクレアチンは炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素を含む膵臓性の酵素
リパクレオン
  • パンクレアチンを高度に抽出・精製した製剤
    • パンクレアチンに比べた場合、大量投与の必要が少ない
    • 腸溶性(腸で溶けるように工夫された)製剤で、より効率的に消化・吸収を促すことができるとされる
  • カプセル剤と顆粒剤があり、嚥下能力などに合わせて選択が可能
  • 副作用で倦怠感、血糖値変動などがあらわれる場合があるので注意する
ベリチーム
  • パンクレアチンなどに加え、繊維素分解酵素(セルラーゼ)を含む製剤
エクセラーゼ
  • 炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素、繊維素分解酵素を含む製剤

薬の種類一覧

消化酵素製剤の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:カプセル剤
内用薬:散剤
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。