日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

副交感神経刺激薬(消化管運動亢進薬)解説

ふくこうかんしんけいしげきやく(しょうかかんうんどうこうしんやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 副交感神経の働きを活発にし消化管運動を亢進させることで、胃もたれなどの消化器症状を改善する薬
    • 消化管運動が低下することなどによって胃もたれ、胸やけ、胃の痛みなどがおこることがある
    • 消化管運動は副交感神経が関与し、神経伝達物質のアセチルコリンの作用により副交感神経が活発になる
    • 本剤はアセチルコリンの増強作用などにより副交感神経を活発にする作用をあらわす
  • 薬剤によってアセチルコリンへの作用の仕組みが異なる場合がある

詳しい薬理作用

消化管の運動機能低下や胃の知覚過敏などにより胃もたれ、胸やけ、吐き気、胃の痛みなどの症状があらわれる場合がある。

消化管の運動は副交感神経の働きによって調節されており、副交感神経が活発になると消化管運動が亢進する。神経伝達物質であるアセチルコリンの作用が増強されると副交感神経の働きが活発になる。アセチルコリンの作用するムスカリン受容体を刺激する、アセチルコリンを分解する酵素であるコリンエステラーゼを阻害する、アセチルコリンを遊離させるセロトニン受容体を刺激する、などによりアセチルコリンの作用増強に伴う副交感神経の活性化がおこる。

本剤は薬剤毎それぞれの作用により、アセチルコリンの増強作用などをあらわし、消化管運動を亢進させることで胃もたれや腹部膨満感、吐き気、みぞおちの痛みなどの消化器症状の改善作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢、吐き気などがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 非常に稀だが、発疹、蕁麻疹などがあらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ガスモチン

  • 主に神経伝達物質セロトニンの5-HT4という受容体に作用し、アセチルコリンの遊離促進作用により消化管運動を亢進させる
  • 散剤があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

アコファイド

  • アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼを阻害することなどにより消化管運動を亢進させる
  • 主に機能性ディスペプシアによる腹部膨満感などを改善する

ベサコリン

  • アセチルコリンに類似した作用(ムスカリン様作用)により消化管運動を亢進させる
  • 排尿促進作用をあらわし、神経因性膀胱などの治療に使用する場合もある
    • 排尿改善目的でα1遮断薬であるウラピジル(主な商品名:エブランチル)などと併用される場合もある

アボビス

  • 消化管の平滑筋にあるアセチルコリン受容体に直接作用することにより消化管運動を亢進させる
  • 慢性胃炎、消化管の手術後などにおける吐き気や腹部膨満感などの改善に使用する

薬の種類一覧

副交感神経刺激薬(消化管運動亢進薬)の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

注射薬:散剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 話題の新規心不全治療薬ARNI、日本上陸へ トレンド◎ネプリライシン阻害薬が国内承認申請
  2. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  3. 「セカンドインパクト」にご注意 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. いつも笑顔で真面目な女性が職場で突然泣き出したら 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  5. 寿司を食べた翌日の心窩部痛、正しい診断は? 診断エラー学のすすめ
  6. 開業前、看護師からの要求で思わぬ出費が! その開業、本当に大丈夫ですか?
  7. デング熱国内感染2例を発表、関西で感染か 海外渡航歴がない10歳代の男女が発症、東京都が発表
  8. 眼の奥の激痛、群発頭痛以外で見落としNGは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  9. ゾフルーザ、小児は「慎重投与」、学会が提言へ インフルエンザ診療Next:トピックス
  10. 続いていく線路のポイントの上で テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
医師と医学研究者におすすめの英文校正