日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

抗男性ホルモン薬(抗アンドロゲン薬)解説

こうだんせいほるもんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 男性ホルモンの前立腺への作用を抑え前立腺を小さくし排尿障害を改善する薬
    • 前立腺肥大では前立腺が大きくなって尿道が狭くなり、残尿感や頻尿などの症状があらわれる
    • 男性ホルモン(アンドロゲン)は前立腺を肥大させる作用をもつ
    • 本剤は男性ホルモンを抑える(抗男性ホルモン)作用をあらわす
  • 前立腺肥大の他、前立腺がんに使用する薬剤もある

詳しい薬理作用

前立腺は尿道の周囲を取り囲むように存在し、前立腺が肥大することで尿道が狭くなり尿が出にくくなり、残尿感やトイレが近くなる(頻尿)などの症状があらわれる。

前立腺は男性ホルモンが作用することにより肥大していく。男性ホルモンはアンドロゲンとも呼ばれ、このホルモンの働きを抑えると前立腺を小さくすることができる。女性ホルモンは男性ホルモンを抑える作用をもつ。

本剤は女性ホルモン(黄体ホルモン)のような作用を有する薬剤であり、男性ホルモンの働きを抑える(抗男性ホルモン)作用により、肥大した前立腺を縮小させ残尿感や頻尿などの症状を改善する。また本剤の抗男性ホルモン作用により、前立腺がんの治療に使用する薬剤もある。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、胃部不快感、食欲不振などがあらわれる場合がある
  • 内分泌症状
    • 女性化乳房などがあらわれる場合がある
  • 生殖器症状
    • 性欲低下などがあらわれる場合がある
  • 肝機能障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

プロスタール

  • 前立腺がんに使用する場合もある
  • 剤形(剤型)に徐放性製剤のL錠50mgもある

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正