日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

その他の抗がん性抗生物質解説

そのたのこうがんせいこうせいぶっしつ

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 細胞の増殖に必要なDNAの合成を阻害するなどにより抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞の増殖には遺伝情報をもつDNAやRNAの合成が必要となる
    • 本剤はDNAに作用しDNAの複製を阻害するなどして抗腫瘍効果をあらわす
  • 本剤は土壌などに含まれるカビなどの微生物由来の薬剤であり抗がん性抗生物質と呼ばれる

詳しい薬理作用

がん(がん細胞)は無秩序に増殖を繰り返し、正常な細胞を障害し組織を壊したり、転移を行うことで本来のがんのかたまりがない組織でも増殖を行う。

細胞の増殖には遺伝情報が刻まれたDNAやRNAの合成が必要となる。

本剤はDNAに作用することでDNAの複製を阻害することなどにより抗腫瘍効果をあらわす殺細胞性抗がん薬となる。本剤のDNAは複製阻害作用はDNA分裂阻止作用、RNA合成抑制作用、DNAの切断作用など薬剤によっても異なる場合がある。

本剤は土壌などに含まれるカビなどの微生物由来の製剤であり、抗がん性抗生物質(又は抗腫瘍性抗生物質)と呼ばれる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気・嘔吐、食欲不振、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 脱毛、発疹などがあらわれる場合がある
  • 骨髄抑制
    • 白血球減少、好中球減少、血小板減少などがあらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

ブレオ

  • ブレオマイシン製剤
    • DNA合成阻害作用とDNA鎖切断作用により細胞分裂を抑制する
  • 副作用に関しての特徴
    • 骨髄抑制は比較的おこりにくいとされる
    • 肺障害(間質性肺炎など)などに注意が必要となる

ペプレオ

  • ペプロマイシン製剤
  • ブレオマイシンの肺への毒性(肺障害)を軽減させた製剤
  • 有棘細胞がん、肺がん(扁平上皮がん)などに使用する

コスメゲン

  • アクチノマイシンD製剤
  • 小児悪性固形腫瘍(腎芽腫、ユーイング肉腫、横紋筋肉腫など)などに使用される
  • 吐き気・嘔吐に関しての注意
    • 小児横紋筋肉腫へのVAC療法では、催吐性が高いシクロホスファミドと併用するため特に注意が必要となる

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:179
  2. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
  3. 8カ月男児、身体が柔らかい、運動発達が進まない 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:512
  5. 働き方改革の最終報告書案、「年1860時間」の特… シリーズ◎医師の働き方改革に関する検討会 FBシェア数:53
  6. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:21
  7. 在宅の管理料が査定、レセプトのどこが問題? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:14
  8. 加算は場当たり的、今こそ医療財政の抜本改革を シリーズ◎何でもPros Cons【診療報酬上の加算ってどう思う?】 FBシェア数:5
  9. 医師の働き方改革が支離滅裂なワケ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:42
  10. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:179
医師と医学研究者におすすめの英文校正