日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ACE阻害薬 解説

えーしーいーそがいやく

ACE阻害薬の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • 体内の血圧を上げる物質の働きを抑えて血圧を下げる薬
    • 体内の血圧上昇や心筋の肥大化などに関わるアンジオテンシンIIという物質の働きを抑える
    • アンジオテンシンIIはアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きにより生成される
    • 本剤はACEを阻害することで、アンジオテンシンIIの生成を抑え、血圧を下げる
  • 心臓や腎臓などを保護する作用もあるとされる
    • 薬によって心不全や糖尿病性腎症などに使用される場合もある
詳しい薬理作用

体内にアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質がある。アンジオテンシンIIは血管収縮作用や副腎皮質からアルドステロンという物質を分泌させる作用などをあらわす。アルドステロンは腎臓に働きナトリウムイオン(Na)の再吸収に関わることで循環血液量の増加がおき、心拍出量や末梢血管抵抗が増加する。これらの作用により血圧の上昇がおこる。

体内にはアンジオテンシノーゲンという物質から、アンジオテンシンIを経てアンジオテンシンIIが生成される仕組みがある。アンジオテンシンIIはアンジオテンシンIからアンジオテンシン変換酵素(ACE:Angiotensin Converting Enzyme))の働きによって変換される。ACEを阻害するとアンジオテンシンIIの生成を抑えられ、血圧上昇を抑えられる。

本剤はACEを阻害し、アンジオテンシンIIの生成を抑え、体内の血圧上昇を抑えることで血圧を下げる作用をあらわす。

またアンジオテンシンIIは体内で心臓の肥大化や腎臓の線維化(腎臓の炎症などで腎機能が低下する状態)を促進する作用もあるとされ、本剤はこれらの作用を抑えることで、心臓や腎臓などを保護する作用をもつとされる。

主な副作用や注意点
  • 精神神経系症状
    • めまい、頭痛、不眠、眠気などがあらわれる場合がある
    • 高所作業や自動車の運転など危険を伴う作業などには注意する
  • 血小板減少
    • 頻度は非常に稀である
    • 突然の高熱、さむけ、のどの痛みなどがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 血管浮腫
    • 頻度は非常に稀である
    • 急にくちびる、まぶた、口の中が大きくはれるなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 呼吸器症状
    • 咳(空咳)や咽頭部の不快感などの症状があらわれる場合がある
一般的な商品とその特徴
エースコール
  • 腎実質性高血圧症、腎血管性高血圧症などに使用する場合もある
タナトリル
  • 糖尿病性腎症、腎実質性高血圧症などに使用する場合もある
  • 咳(空咳)の頻度は少ないとされる
レニベース
  • 慢性心不全、腎血管性高血圧症などに使用する場合もある
  • 吸湿性があるため、湿気をさけて保管する
コバシル
  • 高血圧性の心肥大を抑える作用や動脈に対する改善作用(血管リモデリングの改善作用)などが期待できるとされる

薬の種類一覧

ACE阻害薬の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:カプセル剤
内用薬:散剤
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。