日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カリウム保持性利尿薬解説

かりうむほじせいりにょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 尿として体内の過剰な水分などを排出し、むくみや血圧などを改善する薬
    • 腎臓における尿細管という場所では尿から血管へ水分などの吸収(再吸収)が行われる
    • 本剤は尿から血管への水分吸収などを阻害し、尿量を増やして体内のむくみを減らし血圧などを改善する作用をあらわす
    • 本剤は体内からカリウムイオンが排泄されるのを抑える作用もあらわす
  • 他の種類の利尿薬(ループ利尿薬 など)との併用される場合もある
    • 他の利尿薬によるカリウム排泄を抑えることで、体のつりやこむら返りなどを抑える効果も期待できる
  • 心性浮腫、腎性浮腫の他、薬剤によっては栄養失調性の浮腫などにも使用する

詳しい薬理作用

体のむくみ(浮腫)の原因の一つに体内の過剰な水分がある。体内の水分量が増えると血液の量にも影響し、血圧などが悪化する場合がある。

副腎皮質ホルモンのひとつであるアルドステロンは体内でナトリウムや水分の調整に関わり、血圧などにも深く関わる物質となる。アルドステロンは腎臓の尿細管(遠位尿細管)という場所で、尿中のナトリウムイオンや水分を血液中へ戻す働き(再吸収)を促進させる。

尿細管におけるアルドステロンの作用を抑えるとナトリウムイオンと水分の再吸収が抑えられ、結果的に尿としてナトリウムイオンと水分を排泄させる。またカリウムイオンの排泄を抑える作用もあらわす。水分排泄の促進により体内の水の量が減り、むくみや血圧などが改善する。

カリウム保持性利尿薬はアルドステロンなどの水分の再吸収などに作用して、尿として水分を排泄し、カリウムイオンの排泄を抑え、むくみや血圧などを改善する作用をあらわす。

本剤の中で、スピロノラクトン(主な商品名:アルダクトンA)は抗アルドステロン作用により利尿作用などをあらわす(そのため、抗アルドステロン薬とも呼ばれる)。また、トリアムテレン(商品名:トリテレン)はアルドステロンへの拮抗作用と尿細管への直接作用により、その効果をあらわすとされる。

主な副作用や注意点

  • 電解質異常
    • 高カリウム血症などの電解質異常があらわれる場合がある
    • 脱力感、不整脈、吐き気、嘔吐などがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、口渇、下痢、便秘などがあらわれる場合がある
  • 急性腎障害
    • 頻度は非常に稀である
    • 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、発疹、むくみ、体のだるさなどの症状がみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 精神神経系症状
    • めまい、頭痛などの症状があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アルダクトンA

  • スピロノラクトン製剤
    • 錠剤の他、細粒剤があり嚥下能力が低下している患者などへのメリットも考えられる
  • 原発性アルドステロン症の診断や治療にも使用される
  • 悪性腫瘍に伴う浮腫や栄養失調性の浮腫などにも使用される
  • 頻度は稀だが、女性化乳房などの内分泌症状があらわれる場合があり注意が必要

トリテレン

  • トリアムテレン製剤
  • 葉酸拮抗作用があり、葉酸欠乏の可能性がある患者への使用は特に注意する

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ゾフルーザ耐性変異株で初のヒト-ヒト感染例 インフルエンザ診療Next:トピックス
  2. 話題の新薬が気軽に試せなくなる 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《2》
  3. 2診体制の導入でよくある失敗例 診療所経営駆け込み寺
  4. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  5. 新たなヒト血液型「KANNO」を発見 トレンド◎日本の研究グループでは初、ゲノム解析手法で明らかに
  6. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  7. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
  8. 単純そうで難しいトリプル吸入薬の使いどころ 喘息・咳喘息診療アップデート
  9. MRI拡散強調画像で脳梗塞再発リスクを予測 JAMA Neurology誌から
  10. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
医師と医学研究者におすすめの英文校正