日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ループ利尿薬解説

るーぷりにょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 尿による水分排泄を増やし体の過剰な水分や塩分を排泄し、むくみなどを改善する薬
    • 腎臓の尿細管という管のヘンレループという水分吸収に関わるところで血管へ水分が吸収される
    • 本剤はヘンレループでの水分移動を阻害し体内の水の量を減らし、尿として水分を体外へ排泄する
    • 体の水の量が減るとむくみが減り、血圧が下がる
  • 薬剤によっては高血圧症などへ使用する場合もある

詳しい薬理作用

体のむくみ(浮腫)の原因の一つに体内の過剰な水分がある。血液にも水分が含まれているため、血液の流れが悪くてもむくみはおこる。

腎臓の尿細管という管の一部に主に尿の水分を血管へ移動させるヘンレループというところがある。このヘンレループでの水分移動を阻害すれば血管へ吸収される水分量が減り、尿として排泄される水分量が増える。その結果、体内にある水の量が減ることになる。

ループ利尿薬はこれらの作用により尿として体内の水分を排泄し、むくみを減らす作用をあらわす。

また体内の水分量が減れば水分を含んでいる血液量も減るため血圧を下げたり、心臓の負担を軽くする効果が期待できる。そのため本剤の中には高血圧症などへ使用する薬剤もある。

主な副作用や注意点

  • 電解質異常
    • 頻度は稀だが、低カリウム血症などの電解質異常があらわれる場合がある
    • 脱力感、吐き気、嘔吐などの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、下痢などがあらわれる場合がある
  • 精神神経系症状
    • 頻度は稀だが、めまい、頭痛、聴覚障害などがあらわれる場合がある
    • 高所作業や運転など危険を伴う機械の操作などには注意する

一般的な商品とその特徴

ダイアート

  • 薬の効果が比較的長く続く持続性利尿薬で、通常は1日1回の服用

ラシックス

  • 錠剤に加え、細粒剤や注射剤もあり嚥下能力の低下している患者などへのメリットも考えられる

ルプラック

  • カリウムを保持する効果を持ち比較的低カリウム血症があらわれにくいとされる

薬の種類一覧

ループ利尿薬の医療用医薬品(処方薬)

注射薬:液剤

内用薬:カプセル剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 10歳男児。尿糖陽性 日経メディクイズ●小児
  2. 医師が欲しい「こんな商品、あんなサービス」 日経ヘルスケアon the web
  3. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
  4. デング熱国内感染2例を発表、関西で感染か 海外渡航歴がない10歳代の男女が発症、東京都が発表
  5. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  6. 怒る患者、傷付く患者に悩み中! うさコメント!
  7. 耳垢栓塞はどうやって除去? 耳かきの指導は? AntaaQAピックアップ
  8. 話題の新規心不全治療薬ARNI、日本上陸へ トレンド◎ネプリライシン阻害薬が国内承認申請
  9. ガイドラインにもお国柄あり? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  10. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
医師と医学研究者におすすめの英文校正