日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

脊髄小脳変性症治療薬(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン製剤)解説

せきずいしょうのうへんせいしょうちりょうやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)を元に造られた製剤で体内でTRHの中枢神経系への作用により小脳運動失調症状を改善する薬
    • 脊髄小脳変性症では小脳、脊髄の組織異常により体をうまく動かすことができなくなる
    • 脊髄小脳変性症の主な症状として立った時にふらつくなどの運動失調がある
    • 中枢の神経伝達物質に多彩な作用をあらわす甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)は小脳運動失調の改善作用が確認されている

詳しい薬理作用

脊髄小脳変性症は、脳の一部である小脳、脳から背骨の中に伸びる脊髄の組織異常により体を上手に動かすことができないなどの症状があらわれる。中でも運動失調は主な症状の一つで、立ったときふらつく、片足立ちができない、体幹のバランスが不安定になるなどの症状があらわれる。これらの症状は中枢神経系における神経伝達物質の異常などが原因でおこるとされ、神経伝達物質に多彩な作用をあらわす甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)による改善効果が確認されている。

本剤はTRHを元に造られた製剤で脳内の神経伝達物質(アセチルコリン、ドパミン)の遊離促進作用や神経突起(神経細胞において刺激や情報を受けるために細胞から樹木の枝のように分岐した突起)を延長させる作用などにより小脳運動失調症状を改善するとされる。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、食欲不振、腹痛、口渇などがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 血圧及び脈拍数の変動(一過性の血圧低下など)、動悸などがあらわれる場合がある
  • 痙攣
    • 頻度は非常に稀である
    • 顔や手足の筋肉がぴくつく、一時的にボーっとして意識が薄れる、手足の筋肉が硬直しガクガクと震えるなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

一般的な商品とその特徴

セレジスト

  • TRHを加工して体内での安定性を高めた製剤
    • TRHのもつ中枢神経作用を残したまま、ホルモン作用を軽減した製剤
    • 一般的に、ホルモン作用による副作用が少ないとされる
  • OD錠があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる

ヒルトニン

  • 注射剤であり、遷延性の意識障害などに使用する場合もある

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正