日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)解説

えすえすあーるあい(せんたくてきせろとにんさいとりこみそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達を改善し、憂うつな気分を和らげ、意欲などを改善する薬
    • うつ病では脳内のセロトニンなどの量が少なくなっている
    • 本剤は一度放出されたセロトニンの細胞内への回収(再取り込み)を阻害することで脳内のセロトニン量を増やし抗うつ作用をあらわす
  • 強迫性障害やパニック障害などに使用する場合もある

詳しい薬理作用

うつ病では脳内のセロトニンなどの量が少なくなっている。脳内のセロトニンが不足すると不安や気分の落ち込み、無気力などといった症状があらわれる。

脳内に一度放出された神経伝達物質などが細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを阻害すると脳内のセロトニンの量が増える。

SSRIはセロトニンの再取り込みを阻害することで脳内のセロトニン量を増やし神経伝達を改善して、抗うつ作用をあらわす。

またセロトニンは脳内で神経伝達物質ノルアドレナリンの作用を抑える働きをもっている。パニック障害などはノルアドレナリンに関与する神経の異常興奮などによっておこるとされているため、SSRIの中にはこれらの疾患に対する改善効果が確認されている薬剤もある。

尚、本剤のSSRIとは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」の略称。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、嘔吐、便秘、下痢、食欲不振、口渇などの症状があらわれる場合がある
    • 上記の症状は服用初期にあらわれることが多いが、2〜3週間前後で軽減、消失する傾向にあるとされる
  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、ふらつき、頭痛、不随意運動などの症状があらわれる場合がある
    • 自動車の運転など危険を伴う機械の作業は控える
  • セロトニン症候群
    • 頻度は非常に稀とされるが不安、いらいらする、混乱するなどの症状があらわれる場合がある
    • 上記の症状に加え、興奮、手足や眼が勝手に動く、震え、体が固くなる、発汗、発熱、下痢、頻脈などがみられる場合は医師や薬剤師に連絡するなど適切に対処する
  • 性機能障害
    • 頻度は稀である
    • 勃起障害、射精障害などの性機能異常があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ジェイゾロフト

  • OD錠があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • パニック障害、心的外傷後ストレス障害などに使用される場合もある

デプロメール ルボックス

  • 社会不安障害や強迫性障害などに使用される場合もある

パキシル

  • 錠剤(普通錠)はパニック障害や強迫性障害などに使用される場合もある
  • 剤形としてCR錠(徐放性製剤)もある
    • CR錠は普通剤に比べ体内でゆるやかに吸収され、血中濃度の変化が比較的小さい特徴をもつ
    • CR錠は投与初期の副作用発現の軽減などが期待できる

レクサプロ

  • 一般的に、継続性と有効性の高い薬とされている(長期にわたって寛解状態が維持されることが臨床試験で確認されている)

薬の種類一覧

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  2. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:302
  3. 外部の歯科と連携したら在院日数が大幅短縮! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:126
  4. 本当に加熱式・電子タバコは吸っていいのか? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:3
  5. 呼吸器内科医が検査でよく目にする“メレンゲ” 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:12
  6. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト(後編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:30
  7. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:66
  8. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1505
  9. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67
  10. インフル予防接種で心不全患者の死亡リスク低減 Circulation誌から FBシェア数:116
医師と医学研究者におすすめの英文校正