日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)解説

えすえすあーるあい(せんたくてきせろとにんさいとりこみそがいやく)

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達を改善し、憂うつな気分を和らげ、意欲などを改善する薬
    • うつ病では脳内のセロトニンなどの量が少なくなっている
    • 本剤は一度放出されたセロトニンの細胞内への回収(再取り込み)を阻害することで脳内のセロトニン量を増やし抗うつ作用をあらわす
  • 強迫性障害やパニック障害などに使用する場合もある

詳しい薬理作用

うつ病では脳内のセロトニンなどの量が少なくなっている。脳内のセロトニンが不足すると不安や気分の落ち込み、無気力などといった症状があらわれる。

脳内に一度放出された神経伝達物質などが細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを阻害すると脳内のセロトニンの量が増える。

SSRIはセロトニンの再取り込みを阻害することで脳内のセロトニン量を増やし神経伝達を改善して、抗うつ作用をあらわす。

またセロトニンは脳内で神経伝達物質ノルアドレナリンの作用を抑える働きをもっている。パニック障害などはノルアドレナリンに関与する神経の異常興奮などによっておこるとされているため、SSRIの中にはこれらの疾患に対する改善効果が確認されている薬剤もある。

尚、本剤のSSRIとは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」の略称。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 吐き気、嘔吐、便秘、下痢、食欲不振、口渇などの症状があらわれる場合がある
    • 上記の症状は服用初期にあらわれることが多いが、2〜3週間前後で軽減、消失する傾向にあるとされる
  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまい、ふらつき、頭痛、不随意運動などの症状があらわれる場合がある
    • 自動車の運転など危険を伴う機械の作業は控える
  • セロトニン症候群
    • 頻度は非常に稀とされるが不安、いらいらする、混乱するなどの症状があらわれる場合がある
    • 上記の症状に加え、興奮、手足や眼が勝手に動く、震え、体が固くなる、発汗、発熱、下痢、頻脈などがみられる場合は医師や薬剤師に連絡するなど適切に対処する
  • 性機能障害
    • 頻度は稀である
    • 勃起障害、射精障害などの性機能異常があらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

ジェイゾロフト

  • OD錠があり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • パニック障害、心的外傷後ストレス障害などに使用される場合もある

デプロメール ルボックス

  • 社会不安障害や強迫性障害などに使用される場合もある

パキシル

  • 錠剤(普通錠)はパニック障害や強迫性障害などに使用される場合もある
  • 剤形としてCR錠(徐放性製剤)もある
    • CR錠は普通剤に比べ体内でゆるやかに吸収され、血中濃度の変化が比較的小さい特徴をもつ
    • CR錠は投与初期の副作用の発現が軽減できるなどの効果が期待できる

レクサプロ

  • 一般的に、継続性と有効性の高い薬とされている(長期にわたって寛解状態が維持されることが臨床試験で確認されている)

薬の種類一覧

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正