日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非BZD系睡眠薬)解説

ひべんぞじあぜぴんけいすいみんやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬
    • 脳内で神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体(BZD受容体)というものがある
    • BZD受容体が刺激されると、脳の興奮が抑えられ眠気などがあらわれる
    • 本剤はBZD受容体を刺激することで催眠作用などをあらわす
  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べ、筋弛緩(筋肉の緊張が緩み力が入りづらくなる)作用が少ない
    • 一般的に、脱力や転倒などの副作用が少ないとされる
  • 『非ベンゾジアゼピン』系睡眠薬の言葉の意味
    • 薬の成分に「ベンゾジアゼピン骨格」という構造を持たない睡眠薬という意味を持つ
    • 「ベンゾジアゼピン骨格」を持つベンゾジアゼピン系睡眠薬との区別のためであり、薬の薬理作用の違いを示すものではない

詳しい薬理作用

睡眠障害(不眠)は睡眠になんらかの問題がある状態で、寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまうなどの様々なパターンがある。睡眠薬は脳の活動を抑えることで、眠気などを誘発させて睡眠障害を改善する。

脳内に脳の神経伝達に関わるベンゾジアゼピン(BZD)受容体というものがある。BZD受容体が刺激されると、脳の活動が抑制され眠気などがあらわれる。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬(薬の成分が「ベンゾジアゼピン骨格」という構造を持たない睡眠薬)は主に脳内のBZD受容体を刺激する作用により、眠気などをあらわすことで睡眠障害を改善する。

主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • ふらつき、頭痛、めまいなどがあらわれる場合がある
  • 一過性前向性健忘
    • 頻度は稀だが、入眠までの出来事や中途覚醒時の出来事をおぼえていないなどがおこる場合がある
  • 翌朝以降へ眠気が残ることや注意力、集中力などの低下に関して
    • 自動車の運転など危険を伴う機械の操作は控える

一般的な商品とその特徴

アモバン

  • ゾピクロン製剤
  • 効果持続時間が最も短い超短時間作用型に分類される
  • 薬の苦味が唾液に残る場合がある
  • 麻酔前の使用(麻酔前投薬)にも保険承認されている

マイスリー

  • ゾルピデム製剤
  • 効果持続時間が最も短い超短時間作用型に分類される

ルネスタ

  • エスゾピクロン製剤
  • 効果持続時間が最も短い超短時間作用型に分類されるが、その中では比較的効果の持続がある
    • 夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒にも比較的効果があるとされる
  • 薬の苦味が唾液に残る場合がある(ゾピクロン〔主な商品名:アモバン〕よりは苦味が少なめとされる)

薬の種類一覧

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非BZD系睡眠薬)の医療用医薬品(処方薬)

内用薬:液剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
  3. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
  5. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
  6. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  8. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
  9. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
  10. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
医師と医学研究者におすすめの英文校正