日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

JAK阻害剤(関節リウマチなどの治療薬) 解説

じゃっくそがいざい(かんせつりうまちなどのちりょうやく)

JAK阻害剤(関節リウマチなどの治療薬)の解説

薬の解説

薬の効果と作用機序
  • JAKという酵素を阻害し免疫反応に関わるサイトカインの働きを抑えることで関節リウマチなどの症状を改善する薬
    • 関節リウマチでは免疫の異常によって炎症がおこり関節の腫れや痛みなどがあらわれる
    • 体内で免疫異常による炎症反応には炎症性サイトカインという物質などが関わる
    • 本剤は炎症性サイトカインの伝達に必要なJAKという酵素を阻害する作用をあらわす
  • 関節リウマチの治療においては、通常、他の抗リウマチ薬などで効果不十分な病態に使用される
  • 本剤の中には潰瘍性大腸炎などの治療に使われる薬もある
詳しい薬理作用

関節リウマチは免疫の異常によって炎症反応がおこる自己免疫疾患の一つで、関節の腫れや痛みなどがあらわれる。

体内で炎症反応をおこす炎症性のサイトカインという物質があり、炎症性サイトカインの中にインターロイキン(IL)という物質がある。ILの伝達に必要な酵素にヤヌスキナーゼ(JAK)がある。

本剤は炎症性サイトカインであるILの伝達に必要なJAKを阻害し、炎症などを引き起こす伝達を阻害することで関節リウマチの症状を改善する作用をあらわす。また本剤にはインターフェロン(IFN)などIL以外の炎症性サイトカインの伝達を阻害する作用も考えられている。また、本剤は関節リウマチの治療においては、通常、他の抗リウマチ薬などで効果不十分な病態に使用される。

なお、炎症性のサイトカインは関節リウマチ以外にも様々な疾患に関わるとされ、例えば、トファシチニブが潰瘍性大腸炎の治療の選択肢となっているように、本剤(JAK阻害薬)は関節リウマチ以外の治療に使われることもある。

主な副作用や注意点
  • 感染症(結核、肺炎、敗血症などの重篤な感染症を含む)
    • ウイルス・細菌・真菌などによる感染症が発症しやすくなる可能性があるので十分に注意する
    • 体のだるさ、口内炎、咳などの症状がある場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 血液症状
    • リンパ球減少、好中球減少、ヘモグロビン減少などがあらわれる場合がある
  • 間質性肺炎
    • 頻度は稀とされるが注意は必要
    • 少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳、発熱などがみられ、これらの症状が急にあらわれたり続く場合は医師や薬剤師に連絡する。
  • 肝機能障害
    • 倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
一般的な商品とその特徴
ゼルヤンツ
  • トファシチニブ製剤
  • グレープフルーツジュースの摂取に関して
    • 本剤の作用が強くなる場合があるので一緒に飲まないように注意する
  • 主に肝臓で代謝される特徴がある
  • 潰瘍性大腸炎などの治療に使われる場合もある
オルミエント
  • バリシチニブ製剤
  • JAKのタイプのうち、JAK1とJAK2に対して高い選択性をあらわす
  • 主に腎臓で排泄される特徴がある
スマイラフ
  • ペフィシチニブ製剤
  • JAKのタイプ(JAKファミリー)のうち、JAK1、JAK2、JAK3及びチロシンキナーゼ2(TYK2)を阻害する
リンヴォック
  • ウパダシチニブ製剤
  • JAKのタイプのうち(ほかのタイプへの阻害作用と比べて)JAK1への強い阻害作用をあらわす

薬の種類一覧

JAK阻害剤(関節リウマチなどの治療薬)の医療用医薬品(処方薬)
内用薬:錠剤

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。