日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

コリンエステラーゼ阻害薬解説

こりんえすてらーぜそがいやく

薬の解説

薬の効果と作用機序

  • 脳内の神経伝達物質の量を増やしアルツハイマー病における記憶障害などの症状の進行を遅らせる薬
    • アルツハイマー病では神経伝達物質であるアセチルコリンの量が少なくなっている
    • 脳内でアセチルコリンはコリンエステラーゼという酵素によって分解される
    • 本剤はコリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンの分解を抑えることで脳内のアセチルコリンの量を増やす作用をあらわす
  • 薬剤によって剤形が様々である
    • D錠(OD錠)、ドライシロップ剤、外用貼付薬(パッチ剤)などがある

詳しい薬理作用

アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)では脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンが減少することで記憶障害や思考能力の障害などがおこる。アセチルコリンは記憶などに関わる神経伝達物質であり、脳内でコリンエステラーゼという酵素により分解される。

本剤はコリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンの分解を抑え、脳内のアセチルコリンの量を増やすことで主にアルツハイマー病の進行を遅らせる作用をあらわす。

主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 下痢や吐き気などの症状があらわれる場合がある
    • 症状は服用開始初期や薬の増量時などにおこりやすいとされる
    • 服用を継続していくにつれて症状が和らぐ場合が多い
    • しばらく服用を継続しても症状が緩和しない場合は、医師や薬剤師に相談する
  • 精神神経系症状
    • 眠気、めまいなどの症状があらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 頻度は稀だが、動悸や脈の乱れなどの症状あらわれる場合がある

一般的な商品とその特徴

アリセプト

  • ドネペジル製剤
  • 剤形に関して
    • D錠(口腔内崩壊錠)、ゼリー剤、ドライシロップ剤などもあり、嚥下機能の低下した患者などのメリットも考えられる
  • レビー小体型認知症に対しても保険承認されている

レミニール

  • ガランタミン製剤
  • 剤形に関して
    • OD錠(口腔内崩壊錠)、内服液もあり、嚥下機能の低下した患者などへのメリットも考えられる

イクセロン リバスタッチ

  • リバスチグミン製剤
  • 剤形が外用貼付薬(パッチ剤)である
    • 通常は1日1回背部、上腕部、胸部のいずれかに貼り、24時間毎に貼り替える
    • 貼付薬であるので、嚥下機能の低下した患者などへのメリットも考えられる
  • アセチルコリンなどを分解するブチリルコリンエステラーゼという酵素を阻害する作用もあるとされる

薬の種類一覧

コリンエステラーゼ阻害薬の医療用医薬品(処方薬)

外用薬:貼付剤

内用薬:液剤

内用薬:散剤

内用薬:錠剤

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正