カッコいい薬剤師

漫画

かぎ分けられる?薬のにおい

 「この薬は何という名前ですか」。患者さんからの質問にカッコいい薬剤師が振り向くと、目の前に分包された真っ白い粉薬。薬局名、病院名はもちろん、手がかりになるようなことは何も書かれていない。患者さんはまっすぐカッコいい薬剤師を見つめて、答えを待っている。待合室の患者さんたちも、調剤室の中にいる薬剤師たちも固唾を飲んで見守っている。

 次の瞬間、カッコいい薬剤師はおもむろに薬を薬包紙の上にとる。そして一言、「ムコダイン細粒とペリアクチン散、それにアルサルミンの混合です」。待合室に感嘆の声、調剤室内に拍手の嵐。その中で、カッコいい薬剤師は何事もなかったかのように次の仕事に移っている。

 なぜわかるのか。答えは簡単。においである。見た目は白くて区別のつかない薬でも、おのおのに独特のにおいがある。それをかぎ分けたのである。別に驚くほどのことではない。カッコいい薬剤師にとって、薬のかぎ分けくらい造作もない。

 もちろん、そのためには日々の鍛練が必要だ。どんな散薬も封を切る時にまずにおいをかぐ。そう、あたかもソムリエがワインの栓を抜いた直後に、コルクを鼻に近づけるように。そして、そのにおいを頭に叩き込み、記憶に刷り込む。薬局内にあるすべての散薬のにおいを覚え込めば、たとえ何種類混合してあっても、言い当てられるようになるはずである。たぶん、いや、きっと。

 だれでも知っているような能書きをたれる薬剤師は鼻につくだけ。ぜひ鼻の利く薬剤師になってほしい。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 愛される薬局づくりの第一歩は 薬局経営者奮戦記~社長はつらいよ
  2. 実は有効?高齢者へのスタチン療法 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
  3. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  6. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 前立腺炎の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  8. 抗体が2つの標的を同時に認識して得られる革新的な… シリーズ◎あなたの知らない“血液”の世界
  9. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  10. 分業制を徹底した結果…知らんぷり気質が蔓延 診療所経営駆け込み寺
医師と医学研究者におすすめの英文校正