カッコいい薬剤師

漫画

薬包紙アーティストと呼ばれたい

 「今ここでお薬を飲みたいのですが……」。薬局の投薬口で、患者さんからこう言われたことのある薬剤師も多いのではないだろうか。

 そんな時にカッコいい薬剤師ならどうするか。さっと懐から懐紙(かいし)ならぬ薬包紙を取り出して、薬を包んで患者さんにお渡しするのである。もちろん、薬と一緒に白湯もしくは水を用意することも忘れない。

 薬の包み方がまたカッコいい。患者さんの目の前で、パパっと目にも留まらぬ速さで包む。しかも、患者さんによって、薬包紙の大きさや角度の付け方、外しやすさまで計算ずく。さらに、その日の温度や湿度、患者さんの気分もちゃんと考慮している。

 どんな薬でも瞬く間に包んでしまう姿は、まさしく「薬包紙アーティスト」。患者さんの目は、テーブルマジックでも見ているかのように、その指さばきに釘付けになること請け合いだ。

 ただし、そのための日々の鍛錬は凄まじいものがある。雨の日も風の日も、薬包みの技を磨く。ある時は何キロもある鉛を包み、またある時は高級羽毛布団の中の羽毛を包む。指立て伏せは毎日の日課であり、指での逆立ちも当然できる?

 寝る前のハンドクリーム&「お休み手袋」も必須である。そうして、あの薬包み最終形態「火打ち型」が完成するのだあ!

 もちろん、患者さんの前ではそんな陰の努力の跡はつゆも見せず、こともなげに薬包紙を操る。あくまで華麗で優美に、薬と一緒に愛情まで包み込んでしまう。うーん、カッコいい〜。

(鬼)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 日薬、薬局を機能で3つに分類するよう提案 第7回医薬品医療機器制度部会より FBシェア数:138
  2. 疑義照会内容の記録忘れによる再処方に注意 医療機能評価機構が医療安全情報を公表 FBシェア数:39
  3. 同じ糖尿病治療薬でもカタチはこんなに違う 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:84
  4. 「医師に相談してください」と言う前に薬剤師として… Inside Outside FBシェア数:51
  5. スタチンとフィブラート併用の原則禁忌が解除 腎機能低下患者でも両剤の併用可能に FBシェア数:33
  6. 生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:178
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:51
  8. 【漫画】ピロリ除菌で大変! ガンバレ薬剤師 FBシェア数:67
  9. SSRI/SNRIで不眠になるのはなぜ? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師
医師と医学研究者におすすめの英文校正