カッコいい薬剤師

漫画

敬語は正しくお使いなさい

 「お、おっ、おすわり!」待合のいすの上で飛び跳ねている子供の患者さんに、新人薬剤師が叫んだ一言に一瞬薬局内が凍りついた。「うちの子は犬ではありません」。ごもっともなお母様の一言。でも、悪いのは……。

 新人薬剤師に限らず、新入社員ならだれもが一度は経験する敬語の難しさ。「本当は『座れ!』と言いたかったのですが、接遇研修で敬語の使い方を習ったばかりなので、尊敬の接頭語「お」を付けて、『お座り!』と言ってしまいました」というのが新人薬剤師君の弁明。うーん、ここはひとつ、先輩薬剤師として正しい敬語の使い方をレクチャーしてあげなくてはなるまい。それもカッコよくだ。

 「あの場面では『お座り』で終わらせず、『お座りなさい』と言えば問題はなかった。『〜なさい』は尊敬語『なさる』の命令形だから、『お座りなさい』はれっきとした敬語である。もっとも、大人の患者さんには、より丁寧に『お座りください』あるいは『おかけいただけますでしょうか』などと言うべきだろう」。こんな感じだろうか。

 ところで、今年4月の調剤報酬改定で、保険薬局が患者の希望で甘味剤等の添加を行った場合の実費徴収が認められた(治療上の必要性がなく、かつ治療上問題がない場合に限る)。極論すれば、患者が納得する“おいしい薬”を出したら、お金がもらえるということだ。あちらこちらの薬局で「お口に合いますかどうか……」という敬語表現が使われる日もそう遠くないかもしれない。でも、そうなっても「つまらないものですが……」なんて、くれぐれも言わないように。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 愛される薬局づくりの第一歩は 薬局経営者奮戦記~社長はつらいよ
  2. 実は有効?高齢者へのスタチン療法 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
  3. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  6. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 前立腺炎の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  8. 抗体が2つの標的を同時に認識して得られる革新的な… シリーズ◎あなたの知らない“血液”の世界
  9. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  10. 分業制を徹底した結果…知らんぷり気質が蔓延 診療所経営駆け込み寺
医師と医学研究者におすすめの英文校正