カッコいい薬剤師

漫画

薬剤師のための漢字の蘊蓄?

 「精神分裂病」という疾病の呼び名が「統合失調症」へと変わるようである。「分裂」という漢字のイメージがよくないからだそうだ。では「躁鬱病」や「自閉症」はどうなるのであろうか。

 などと書いていて気づいたが、ワープロで「そううつ」と打てばすぐに「躁鬱」と変換されるが、いざ書いてみろと言われるとなかなか大変である。こういう難しい漢字を薬歴簿にスラスラと手書きできる薬剤師はカッコいい。「糜爛」(びらん)、「朦朧」(もうろう)、「咀嚼」(そしゃく)なんかも、薬剤師なら漢字で書いてほしい。

 ほかにも「篩過」(しか=ふるいをかけること)、「含銜法」(がんかんほう=うがいして飲み込ませる方法)、さらには慣用名の「単舎」(たんシロップ)など、薬剤師の周りには複雑怪奇(?)な漢字があふれている。カッコいい薬剤師なら当然、読めて、書けて、説明できなければならない。

 ところで、実は漢字で一番厄介なのは人名である。例えば、「鏑木心太」をあなたなら何と読むか。

 「鏑木」はちょっと前の携帯電話のCMに出てきたように「かぶらぎ」。「心太」は、木村拓哉・工藤静香夫妻のお子さんが「心美」(ここみ)ちゃんだから「ここた」?いや「心太」と書いて「ところてん」と読むのです。しかし患者さんに「ところてんさんですか。いいお名前ですね」なんて声をかけると「いいえ。しんたです!」とむっとされるかも。

 漢字をよく知っている薬剤師はカッコいいが、あまり知ったかぶりをすると「かんじワルー」となるのでご注意あれ。

(鬼)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 注射を知ろう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 医師が期待する「服用期間中のフォロー」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:67
  2. 「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:97
  3. 厚労省が新添付文書記載要領の実例を公表 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:31
  4. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:483
  5. 日薬、次期改定の要望を都道府県薬から募集 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  6. アムバロ回収のニュースが患者に及ぼす影響 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:69
  7. 居宅療養管理指導費も10月から引き上げ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:15
  8. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:269
  9. 調剤基本料の引き上げ、中医協が答申 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:75
  10. ファイザーがアムバロ回収、発癌性物質を検出 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:139
医師と医学研究者におすすめの英文校正