カッコいい薬剤師

漫画

温泉でカッコよく英気を養おう

 歴戦の勇者は、英気を養うための休息の大切さをよく知っているという。そう、カッコいい薬剤師も時には心身共にリフレッシュし、次なる“カウンター越しの戦い”に備えねばならない。

 心と体を癒すには湯治・温泉が一番だ。まずは場所選び。環境変化が体の調子を整え健康を増進させる「転地効果」を期待して、自宅から100km以上離れた温泉地を選ぶ。大勢の観光客に囲まれての入浴はさまにならないので、人里離れた山中の隠れ湯がいい。独りでゆっくり浸かるには、やはり部屋付き露天風呂に限る。

 いよいよ入浴となるわけだが、その前に、泉質と効能はしっかりと確認する。わからなければ女将にとことん聞く。決して妥協はしない。どれだけ説明を受けても「特別指導加算」は取られないから大丈夫。

 当然、監査も怠らない。持参したマイ・メートグラスにお湯をとり、色、臭い、濁りなどを入念にチェックした上でザブンと浸かる。間違っても“プラセボ温泉”に入らないように気をつけたい。

 温泉の禁忌には厳格で、飲酒後や食直後、激しい運動の直後の入浴は絶対しない。温泉にリフレッシュに来た薬剤師が病院直行ではカッコ悪すぎる。

 そう言えば、世の名だたる文豪たちは静かな温泉宿の一室で原稿に向かっていたと聞く。筆者も次号の原稿は、一流温泉旅館で執筆してみるか。山間の露天風呂で渓流の音を聞きながら構想を練り、川魚と山菜を肴にうまい日本酒を傾けつつ筆を走らせる。費用はもちろん編集部持ちで……。

 えっ、少しのぼせすぎだって?

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 BZ系薬の処方箋を受けたら

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 山梨のウエルシア薬局で調剤過誤報道 トレンド(DIオンライン)
  2. 認知症大綱、6万人の薬剤師に研修受講を 2025年までの取り組みと目標がまとまる
  3. 薬剤師が考える「お弁当問題」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 不眠患者が抱える不安に応えて、BZ系薬の適正使用… Interview
  5. 育休中の勉強代は会社持ち? 薬局なんでも相談室
  6. 財政審、調剤料引き下げを明記した建議を提出 トレンド(DIオンライン)
  7. デパケンRの用法変更で薬局は大赤字!? セキララ告白!個別指導
  8. 「薬剤師の仕事」と「非薬剤師の仕事」 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」
  9. ツルハ、ドラッグストア売上高首位に トレンド(DIオンライン)
  10. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正