カッコいい薬剤師

漫画

カッコいい薬剤師も「歯が命」

 だいぶ前、「芸能人は歯が命」というテレビコマーシャルが流行ったが、カッコいい薬剤師もまた「歯が命」なのである。薬の説明をする時、キラリと輝く白い歯が患者さんの心をつかむ。

 別に芸能人のように真っ白い歯を売り物にするわけではない。が、やっぱり白いに越したことはない。たばこのヤニで茶色がかった歯の薬剤師が「ニコレット」の服薬指導をしても、いかんせん説得力に欠ける。

 また、薬の副作用「歯肉肥厚」を説明する時には、患者さんに自分の歯肉をしっかり見せなければならない。そんな時、歯肉や歯がきたないとかなりカッコ悪い。もちろん歯並びも完璧じゃなきゃいけない。ただし、女性薬剤師の愛くるしい八重歯なら◎である。

 カッコいい薬剤師は、歯磨き粉や歯ブラシにもこだわる。例えば歯磨き粉は、フッ素の含有量、低発泡・低香味を考えると『Mentadent GUM Care (Chesebrough-Pond's USA社)』が断然お薦めだ。歯ブラシは小さめで、ナイロン製のやや硬めのものを使う。デンタルフロス、歯間ブラシも歯ブラシと一緒に必ず内ポケットに入れて持ち歩く。外出先でも10分以上は歯磨きに時間をかけているという念の入れようだ。

 とは言いながら、薬剤師に本当に必要なのは、実は輝く白い歯でも、きれいな歯肉でもない。それは、どんなことがあろうと耐えるために、食いしばれる“強い歯”である。「あなたのその輝く白い歯は入れ歯ですか?」と聞かれてもだ。そう、患者さんは、奥歯に物が挟まったような言い方はしないものなのである。

(鬼)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 いまさら聞けない脱水

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 薬剤師が調剤棚の前に立たなくなる日 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:317
  2. 地域支援体制加算の99.8%が「基本料1」 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:20
  3. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  4. 混ぜたらアカン!?リンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  5. 薬局の質の「総合点」が出せないわけ 藤田健二の「薬局の質をものさしで測る」 FBシェア数:17
  6. 薬が無料になったことの副作用 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:85
  7. 「医薬分業が今の医療政策に段々と適合しなくなって… トレンド(DIオンライン) FBシェア数:127
  8. エディロールはコツコツチェック! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:39
  9. “アマゾン薬局”は既存の薬局を脅かす存在か? 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」 FBシェア数:46
  10. 8月号特集は「いまさら聞けない脱水」 こちら日経DI編集部 FBシェア数:55
医師と医学研究者におすすめの英文校正