カッコいい薬剤師

漫画

カッコいい薬剤師も「歯が命」

 だいぶ前、「芸能人は歯が命」というテレビコマーシャルが流行ったが、カッコいい薬剤師もまた「歯が命」なのである。薬の説明をする時、キラリと輝く白い歯が患者さんの心をつかむ。

 別に芸能人のように真っ白い歯を売り物にするわけではない。が、やっぱり白いに越したことはない。たばこのヤニで茶色がかった歯の薬剤師が「ニコレット」の服薬指導をしても、いかんせん説得力に欠ける。

 また、薬の副作用「歯肉肥厚」を説明する時には、患者さんに自分の歯肉をしっかり見せなければならない。そんな時、歯肉や歯がきたないとかなりカッコ悪い。もちろん歯並びも完璧じゃなきゃいけない。ただし、女性薬剤師の愛くるしい八重歯なら◎である。

 カッコいい薬剤師は、歯磨き粉や歯ブラシにもこだわる。例えば歯磨き粉は、フッ素の含有量、低発泡・低香味を考えると『Mentadent GUM Care (Chesebrough-Pond's USA社)』が断然お薦めだ。歯ブラシは小さめで、ナイロン製のやや硬めのものを使う。デンタルフロス、歯間ブラシも歯ブラシと一緒に必ず内ポケットに入れて持ち歩く。外出先でも10分以上は歯磨きに時間をかけているという念の入れようだ。

 とは言いながら、薬剤師に本当に必要なのは、実は輝く白い歯でも、きれいな歯肉でもない。それは、どんなことがあろうと耐えるために、食いしばれる“強い歯”である。「あなたのその輝く白い歯は入れ歯ですか?」と聞かれてもだ。そう、患者さんは、奥歯に物が挟まったような言い方はしないものなのである。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 BZ系薬の処方箋を受けたら

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 山梨のウエルシア薬局で調剤過誤報道 トレンド(DIオンライン)
  2. 認知症大綱、6万人の薬剤師に研修受講を 2025年までの取り組みと目標がまとまる
  3. 薬剤師が考える「お弁当問題」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 不眠患者が抱える不安に応えて、BZ系薬の適正使用… Interview
  5. 育休中の勉強代は会社持ち? 薬局なんでも相談室
  6. 財政審、調剤料引き下げを明記した建議を提出 トレンド(DIオンライン)
  7. デパケンRの用法変更で薬局は大赤字!? セキララ告白!個別指導
  8. 「薬剤師の仕事」と「非薬剤師の仕事」 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」
  9. ツルハ、ドラッグストア売上高首位に トレンド(DIオンライン)
  10. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正