カッコいい薬剤師

漫画

患者の心に残る「決めゼリフ」を考えよう

 「でもだけどね、レントゲンだってね、ニッコリ笑って映したほうがいいの。だって明るく撮れるもの、その方が」——。

 映画『男はつらいよ』第32作、「口笛を吹く寅次郎」に出てくる一節である。医療に携わる者としては、本当に心に響くセリフではなかろうか。寅さん映画には数多くの名セリフがあるが、中でも有名なのが、ここぞという場面で発せられる「それを言っちゃあ、お終いよ!」という決めゼリフだ。

 そこでどうだろう、薬局の薬剤師も自分だけの“オリジナル決めゼリフ”を創ってみては。それも患者さんの心に残る決めゼリフを。

 例えば、ハンフリー・ボガード風に「君の瞳に点眼Q」と患者に語りかけたり、“ミスター闘魂”アントニオ猪木風に「1・2・3・ダーッと飲んでください」と指導してみるのも悪くない。また、けがをしてもきちんと薬を飲むことができた人(当たり前か?)には、「感動した! よくぞ痛みに耐えて薬が飲めた!」と小泉首相ばりに絶叫してみる、なんていうのもアリである。

 ただし、薬剤師が決して口にしてはいけない決めぜリフもある。木枯し紋次郎風の「あっしには、かかわりのねぇことでござんす」だ。服薬指導の際はもちろんのこと、患者から調剤過誤を指摘された時に、爪楊枝をくわえながらこのセリフを吐こうものなら、間違いなく訴訟ざたになってしまう。

 心に残る決めゼリフは、患者の服薬コンプライアンスの向上にも有効だ。薬を飲む度に患者の脳裏にフラッシュバックするようなカッコいい決めゼリフを、ぜひ考えてみてほしい。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. かかりつけ薬剤師限定のリフィル処方など提言 トレンド(DIオンライン)
  2. BZ系薬、漸減処方の調剤で注意すべき点とは 薬局なんでも相談室
  3. β遮断薬:アーチスト抜き、メインテートが1位 NMO処方サーベイ
  4. 「それは精神的な問題です」と内科医が言うとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  5. 薬剤師と症例検討会をやってみました 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  6. 「あの薬局は休んでいる」と批判する心理 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  7. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
  8. 松浦薬業、漢方薬117品目を自主回収 医薬品医療機器等法違反で業務停止処分
  9. メイラックス半錠の自家製剤加算は算定できる? セキララ告白!個別指導
  10. 1型糖尿病へのSGLT2阻害薬、ケトアシドーシス… SGLT2阻害薬とメトホルミンの適正使用を学会が注意喚起
医師と医学研究者におすすめの英文校正