カッコいい薬剤師

漫画

カッコいい薬剤師は朝をこう過ごす

 「冬はつとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず……」。枕草子の一節である。清少納言が言うように、やはり冬は早朝が一番であり、朝はいつの時代でも重要なのである。

 カッコいい薬剤師の朝は、一杯のコーヒーで始まる。カフェインによって中枢神経を目覚めさせたら、朝のトレーニング開始だ。ジョギングに始まり、スイミングに太極拳、締めの座禅で、完全に肉体を目覚めさせる。

 熱いシャワーを浴びた後は朝食だ。その日の予想仕事量から計算した過不足のないカロリーチャージ。はやりの「10秒チャージ」ではなく、たっぷり1時間はかけた朝食である。ここでしっかりエネルギーを補給しておかなければ、ハードな薬剤師業は務まらない。

 朝刊は、全国紙や地方紙など一般紙はもちろん、業界紙も隅々にまで目を通し、重要な記事は内容を頭にたたき込む。朝のテレビチェックも怠らない。マルチモニターを使って同時に8番組を見るくらいは当たり前。ほとんど同じ内容なのだから、別につらくはない。

 忘れてはならないのが、某公共放送の「連続テレビ小説」だ。これはBS放送で、人より早くチェックする。患者さんに、その日の内容を聞かれた時、寸分たがわず教えてあげる必要があるからだ。それもヒロインの生い立ちの説明付きで。そのための人物相関図を自作しておくと、大変に喜ばれる。

 そうこうしているうちに、東の空から太陽が昇ってくる。カッコいい薬剤師には「朝日」がお似合いだ——なんて言ってはいけない。ここはやはり、カッコいい薬剤師には「日経」がお似合いだ、と言っておこう。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 BZ系薬の処方箋を受けたら

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 山梨のウエルシア薬局で調剤過誤報道 トレンド(DIオンライン)
  2. 認知症大綱、6万人の薬剤師に研修受講を 2025年までの取り組みと目標がまとまる
  3. 薬剤師が考える「お弁当問題」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 不眠患者が抱える不安に応えて、BZ系薬の適正使用… Interview
  5. 育休中の勉強代は会社持ち? 薬局なんでも相談室
  6. 財政審、調剤料引き下げを明記した建議を提出 トレンド(DIオンライン)
  7. デパケンRの用法変更で薬局は大赤字!? セキララ告白!個別指導
  8. 「薬剤師の仕事」と「非薬剤師の仕事」 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」
  9. ツルハ、ドラッグストア売上高首位に トレンド(DIオンライン)
  10. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正