カッコいい薬剤師

漫画

クリスマスケーキ作りは薬剤師の独壇場?

 今年もクリスマスが近づいて来たが、ケーキの予約はお済みだろうか。筆者のお薦めはホテルニューオータニ「ピエール・エルメ」のクリスマスケーキだが、出来合いのケーキで満足しているようでは、まだまだ普通の薬剤師。カッコいい薬剤師は、忙しい仕事の合間に、手作りのクリスマスケーキを作ってしまうのである。

 正確無比な小麦粉の計量、流れるような篩過技術、目にもとまらぬ卵白撹拌、そして混合――。いつものくせで60回混和(『第11改訂調剤指針』98ページ参照)となってしまうのはご愛嬌だが、極めつけは生クリームを扱うパテさばきだ。ここで日ごろ培った軟膏ヘラのテクニックが、いかんなく発揮されることになる。

 ケーキの材料にもこだわりを忘れない。甘味はもちろん単シロップ、それも局方品。漢方薬局の薬剤師なら、甘草を用いてもいい。計量は当然、メートグラスで。せっかくおいしいケーキを作っても、食べる人が味覚障害だといけないので、ケーキに少し亜鉛をかける――なんて裏ワザもアリである。

 そう、ケーキ作りは調剤業務に似ているのだ。段取り、手際のよさはもとより、キッチンがきれいな人は、調剤台の上もきれいなのである。真心込めてケーキ作りができる人は、真心込めて調剤ができる人なのである。そんなカッコいい薬剤師は、もちろん最後の“ケーキ鑑査”にも抜かりがない。

 あれこれとケーキについて考えてきたが、ケーキ作りに没頭できるほどカッコいい薬剤師も暇なのである。本当はケーキ対策ではなく、景気対策を考える正念場だというのに……。

(鬼)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 日薬、薬局を機能で3つに分類するよう提案 第7回医薬品医療機器制度部会より FBシェア数:166
  2. スタチンとフィブラート併用の原則禁忌が解除 腎機能低下患者でも両剤の併用可能に FBシェア数:34
  3. 同じ糖尿病治療薬でもカタチはこんなに違う 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:86
  4. 疑義照会内容の記録忘れによる再処方に注意 医療機能評価機構が医療安全情報を公表 FBシェア数:48
  5. 生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:190
  6. 「医師に相談してください」と言う前に薬剤師として… Inside Outside FBシェア数:76
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:51
  8. SSRI/SNRIで不眠になるのはなぜ? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:88
  9. 【漫画】ピロリ除菌で大変! ガンバレ薬剤師 FBシェア数:67
  10. 副作用の説明、問われるのは単語力と対処力! まいにち薬剤師 FBシェア数:24
医師と医学研究者におすすめの英文校正