カッコいい薬剤師

漫画

クリスマスケーキ作りは薬剤師の独壇場?

 今年もクリスマスが近づいて来たが、ケーキの予約はお済みだろうか。筆者のお薦めはホテルニューオータニ「ピエール・エルメ」のクリスマスケーキだが、出来合いのケーキで満足しているようでは、まだまだ普通の薬剤師。カッコいい薬剤師は、忙しい仕事の合間に、手作りのクリスマスケーキを作ってしまうのである。

 正確無比な小麦粉の計量、流れるような篩過技術、目にもとまらぬ卵白撹拌、そして混合——。いつものくせで60回混和(『第11改訂調剤指針』98ページ参照)となってしまうのはご愛嬌だが、極めつけは生クリームを扱うパテさばきだ。ここで日ごろ培った軟膏ヘラのテクニックが、いかんなく発揮されることになる。

 ケーキの材料にもこだわりを忘れない。甘味はもちろん単シロップ、それも局方品。漢方薬局の薬剤師なら、甘草を用いてもいい。計量は当然、メートグラスで。せっかくおいしいケーキを作っても、食べる人が味覚障害だといけないので、ケーキに少し亜鉛をかける——なんて裏ワザもアリである。

 そう、ケーキ作りは調剤業務に似ているのだ。段取り、手際のよさはもとより、キッチンがきれいな人は、調剤台の上もきれいなのである。真心込めてケーキ作りができる人は、真心込めて調剤ができる人なのである。そんなカッコいい薬剤師は、もちろん最後の“ケーキ鑑査”にも抜かりがない。

 あれこれとケーキについて考えてきたが、ケーキ作りに没頭できるほどカッコいい薬剤師も暇なのである。本当はケーキ対策ではなく、景気対策を考える正念場だというのに……。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 BZ系薬の処方箋を受けたら

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. デパケンRの用法変更で薬局は大赤字!? セキララ告白!個別指導
  2. 「薬剤師の仕事」と「非薬剤師の仕事」 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」
  3. 調剤料の引き下げに備えよ 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  4. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
  5. 日医が病院薬剤師の活用を訴え トレンド(DIオンライン)
  6. リネゾリド後発品の適応追加に学会が注意喚起 「MRSA感染症の治療ガイドライン2019年改訂」を公表
  7. 頭痛薬購入のため来局した30代男性 Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  8. ナゾネックスやロナセンの後発品が薬価収載 トレンド(DIオンライン)
  9. 「電子お薬手帳は非常に厄介な存在」 トレンド(DIオンライン)
  10. オンライン服薬指導、特区の実績不足を指摘 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正