カッコいい薬剤師

漫画

調剤の待ち時間を正確にはじき出せ

 「現代は時間との闘い、タイム・イズ・マネー……」という語りで始まるクイズ番組「タイムショック」が14年ぶりに復活してから1年あまり。世の中は、今も昔も「時は金なり」である。

 薬局の受付で処方せんを手渡された時に、患者から「どのくらい時間がかかりますか?」と聞かれた経験を持つ薬剤師は少なくないだろう。そんな時、カッコいい薬剤師ならば左腕にはめた時計を見て、自信に満ちた声でこう言おう。「今から4分35秒後、正確な時間で言いますと11時28分10秒にお渡しいたします」と。

 腕時計は、ローレックスのデイトナでもオメガのシーマスターでもなく、ゼニスのエル・プリメロで決めるのがカッコいい。「ルパン三世」の次元大介も愛用していた、スイスの頑固職人の手による自動巻きのクロノグラフ(時刻表示のほかに経過時間の計測機能を備えた時計)である。

 だが、本当にカッコいいのは時計ではなく、薬剤師自身の鋭い洞察力なのだ。処方せんの内容はもちろん、既に待っている患者の数や、その日の分包機の調子、調剤室の薬剤師の配置と動き、さらには各薬剤師の体調や心理状態までを瞬時に読み取って、正確な待ち時間をはじき出すのである。

 ただし、言った以上は寸分たがわず、その時間に薬を渡せなければならない。待ち時間を言い直すなど、もってのほかだ。カッコいい薬剤師にとって、その口から出た言葉はすべて「ファイナルアンサー」なのだから。

 え? 番組が違う? 確かに、みのもんたよりも、田宮二郎や鹿賀丈史の方がカッコいいですね。

(鬼)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 BZ系薬の処方箋を受けたら

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. デパケンRの用法変更で薬局は大赤字!? セキララ告白!個別指導
  2. 「薬剤師の仕事」と「非薬剤師の仕事」 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」
  3. 調剤料の引き下げに備えよ 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  4. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
  5. 日医が病院薬剤師の活用を訴え トレンド(DIオンライン)
  6. リネゾリド後発品の適応追加に学会が注意喚起 「MRSA感染症の治療ガイドライン2019年改訂」を公表
  7. 頭痛薬購入のため来局した30代男性 Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  8. ナゾネックスやロナセンの後発品が薬価収載 トレンド(DIオンライン)
  9. 「電子お薬手帳は非常に厄介な存在」 トレンド(DIオンライン)
  10. オンライン服薬指導、特区の実績不足を指摘 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正