カッコいい薬剤師

漫画

絵心のある薬剤師はカッコいい

 「病院で検査してもらったら、肝臓が腫れていると言われたのですが、肝臓ってどんな形をしているのですか?」。そう患者から聞かれた場合、さてどうしたものか。人体解剖図を持ってきて説明するか、それとも人体模型を使って解説するか――。

 カッコいい薬剤師としては、そんな時にはぜひ、「絵」を描いてみたい。患者の目の前で、サラサラっと肝臓を描くのである。普通の肝臓と腫れた肝臓の違いを、わかりやすくデフォルメして描ければ理想的だ。時間があれば、色鉛筆やサインペンで色をつけたりしてもいい。3D立体図なんていうのもアリである。患者さんが家に飾ってくれること間違いなしだろう。

 ただし、薬剤師が描く絵であるからには、その描写は正確でなければならない。患者が子供だからといって、歓心を買うために、肝臓にアンパンマンの顔を描いたりしてはいけない。膵臓のランゲルハンス島の絵に、ヤシの木を描き入れたりするのもご法度だ。

 絵が役立つのは、病気の説明の時だけではない。「手に塗布」という処方医の指示がある場合、軟膏を詰めた缶のふたに塗布部位を示した手の絵を描いたり、肩こり用のシップを貼る位置を、鎖骨や肩甲骨と一緒に絵に描いたりできれば、一味違った服薬指導が実現できる。

 さあ、絵を描こう。学生時代、テストの裏に落書きをしたあのころに戻って。モナリザを描いたレオナルド・ダ・ビンチも科学者だった。ひょっとして、薬剤師が描く絵から、後世に残る大傑作が生まれるかもしれない。

(鬼)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 薬剤師の覚悟が足りないわけじゃない 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:78
  2. 薬剤師会に必要な「ブランド」という視点 第51回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:1
  3. みんな、横並びにしてやるっ!!! 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:16
  4. SSRI/SNRIで不眠になるのはなぜ? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:88
  5. 「おくすりカウンター」経営破綻を耳にして 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:52
  6. 妊婦・授乳婦の服薬指導に必要な視点とは 第51回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:81
  7. 一筋縄じゃいかない麻薬の対応 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:32
  8. 標準化eGFRと個別化eGFRの違い、理解不足 第51回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:213
  9. 「抗がん薬を誤って連続投与し死亡」から学ぶ 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」 FBシェア数:94
  10. トラマールの併用禁忌にアジレクト追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:71
医師と医学研究者におすすめの英文校正