カッコいい薬剤師

漫画

「正しいモノ言い」で好感度アップ!

 「目は口ほどにモノを言い」という言葉があるが、やっぱりモノを語るのは口であり、何かを伝えるのは言葉だ。服薬指導という、薬物療法に不可欠な情報を患者に伝える仕事を担う薬剤師たるもの、その職種に見合うだけの知的なモノ言いを心がけたい。

 ピシッと身なりを整えて、手際よく薬剤調製をこなし、調剤室から出てきて患者に相対する。そこまでは完ぺきでも、いざ服薬指導の段になって「これは飲み間違えるとチョー危険ですからぁ」などと言っているようでは、患者の薬剤師への信頼は音を立てて崩れ落ちてしまう。

 患者から「この薬を飲むと眠くなってしまうんですが」と相談を受け、思わず「患者さん的には、飲みたくないってことですね。でも、ボク的には、やっぱり薬はキチンと……」などとは口が裂けても言ってはならない。「……っていうかぁ」なんていう受け答えも、もってのほかだ。調剤室の中でも決して気を抜いてはいけない。「○○さんの検査データをゲット!」などと同僚の薬剤師としゃべってはいないだろうか。

 イントネーションにも十分気をつけたい。若い人の中には時々、語尾を上げてしゃべる人がいるが、自信がないように感じられ、患者に不安を与えてしまう。はやりのアクセントがない、平坦なしゃべり方もバツである。患者の多くは年配者であり、若者言葉を快しとは思っていない。

 逆に、わかりやすく、知的なしゃべり方で服薬指導ができれば好感度アップ! カッコいい薬剤師の仲間入り間違いなしだ。

(婆)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 尿の悩みに対応しよう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 偽造処方箋で福岡県が注意喚起 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:250
  2. 薬機法の一部を改正する法律案を国会に提出 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:63
  3. 薬を飲む、飲まないの違いはドコに? 船見正範の「キラメキ!ひたむき!管理薬剤師ダイアリー」 FBシェア数:16
  4. 抗アレルギー薬の抗コリン作用や眠気の要因とは 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:58
  5. 「後発品は副作用が出るから嫌」の裏にあるもの 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:94
  6. ディレグラ処方の査定にご注意を! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:69
  7. 「患者サポートサービス」は医行為に当たらず 特定の医薬品を処方された患者に情報提供 FBシェア数:195
  8. ウーロン茶を渡してサフランの不正請求 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:107
  9. 薬機法改正を正しく捉えるための2つのポイント 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:242
  10. バルプロ酸など5品目で原則禁忌を禁忌へ 新要領の添付文書で「原則禁忌」の項廃止に伴い FBシェア数:78
医師と医学研究者におすすめの英文校正