カッコいい薬剤師

漫画

薬局外からの視線にも気を配ろう

 先日、街中にある調剤専門薬局の前を通りかかった時のこと。何気なく薬局内に目を向けてみたら、白衣を着た薬剤師とおぼしき若い女性が、待合用のイスに腰かけて足を組み、テレビのワイドショーを見ながらマニキュアを塗っていた。患者が1人もおらず、ヒマだったせいもあるのだろうが、これは明らかにいただけない。

 薬局の中にいると、外の様子には意外と無関心になりがちだ。しかし、表を歩いている人たちが、いつ患者となって薬局を訪れるとも限らない。地域住民の目が届くところでは、薬剤師は「見られている」という緊張感を忘れてはならない。

 たとえ休憩時間でも、漫画を読んでヘラヘラ笑っているようでは、“街の化学者”の威信が台なしだ。女性の化粧直しも感心しない。カウンターにいる間は、常に他人の視線を意識した振る舞いを心がけよう。

 まず、患者を待っている間にカウンターで読む本は、分厚い専門書に限るようにする。いくらヒマでも待合室のテレビをみることは避け、代わりにパソコンのモニターに向かい、医薬品情報の収集に努めたい。

 とはいえ、たまには息抜きも必要だ。そんな時は、漫画の表紙に専門書のカバーをかけたり、パソコンのモニターを外からは見えない方向に向け、ゲームを楽しんだりするのも悪くない。あくまでも、まじめな表情を崩さずに、という前提つきでだが……。

 女性は、男性に見られることによってきれいになるという。薬剤師は、人から見られることによってカッコよくなっていくのである。

(雉)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 日薬、薬局を機能で3つに分類するよう提案 第7回医薬品医療機器制度部会より FBシェア数:138
  2. 疑義照会内容の記録忘れによる再処方に注意 医療機能評価機構が医療安全情報を公表 FBシェア数:39
  3. 同じ糖尿病治療薬でもカタチはこんなに違う 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:84
  4. 「医師に相談してください」と言う前に薬剤師として… Inside Outside FBシェア数:51
  5. スタチンとフィブラート併用の原則禁忌が解除 腎機能低下患者でも両剤の併用可能に FBシェア数:33
  6. 生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:178
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:51
  8. 【漫画】ピロリ除菌で大変! ガンバレ薬剤師 FBシェア数:67
  9. SSRI/SNRIで不眠になるのはなぜ? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師
医師と医学研究者におすすめの英文校正