カッコいい薬剤師

漫画

「知りません」と言い切る勇気を持とう

 薬剤師が患者から信頼され、地域に溶け込めば溶け込むほど、全く知らない健康食品や、聞いたこともない病気について、患者から質問される機会が増えてくる。例えば、ほとんど知識を持ち合わせていない難病について尋ねられた場合。「それは大変ですね。先生からは、どのようにお聞きになりましたか?」と返すのが定石だろう。

 でも、患者が「説明は受けたんですが、不安なので自分でも調べてみたところ、やっぱりよくわからないんです」と聞いてきたら、これはピンチ。ごまかしは利かない。患者は自分で調べたこと以上のアドバイスを求めて、勇気を振り絞って質問しているのだから。

 ここでは、当たり障りのないことを言うのではなく、あえて「すみません。不勉強で、○○についてはよく知りません」と言ってみたい。さらに、「よろしければ、明日までの宿題にさせていただけませんか。わかる範囲で調べておきますので」と付け加え、患者の悩みの原因を聞いておく。自分にとって未知の分野を勉強できるチャンスであることはもちろんだが、患者も「専門家が私のために調べてくれる」という好印象を持ってくれるに違いない。

 たくさんの知識を持っているからこそ言える、毅然とした「知りません」。これは明らかにカッコいい。
 そんなことをしていたら、週末も休めなくなってしまうじゃないか——。そうおっしゃる方は、先の患者の質問にこう答えてみよう。「そうですか。でしたらもう少し、先生に詳しく聞いてみた方がいいですね」。たぶんこの患者は、二度とあなたの前には現れないだろう。

(猿)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 尿の悩みに対応しよう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 「後発品は副作用が出るから嫌」の裏にあるもの 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:46
  2. 薬機法改正を正しく捉えるための2つのポイント 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:222
  3. ディレグラ処方の査定にご注意を! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:61
  4. 抗アレルギー薬の抗コリン作用や眠気の要因とは 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:37
  5. ウーロン茶を渡してサフランの不正請求 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:91
  6. 「患者サポートサービス」は医行為に当たらず 特定の医薬品を処方された患者に情報提供 FBシェア数:103
  7. スタチンとフィブラート、併用が必要な患者とは 特集◎添付文書改訂の裏側《2》 FBシェア数:49
  8. バルプロ酸など5品目で原則禁忌を禁忌へ 新要領の添付文書で「原則禁忌」の項廃止に伴い FBシェア数:75
  9. ポリフルなどIBS薬、条件付きでOTC化を了承 第7回医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議 FBシェア数:79
  10. セファゾリンの全規格が供給不足に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正