カッコいい薬剤師

漫画

電話パフォーマンスで患者の信頼をゲット

 人が電話をかけている様というのは、端から見ると、とても気になるものである。

 例えば電車の中で、すぐ隣で他人同士が会話していても何とも思わないのに、それが携帯電話となると、はなはだ不愉快になる。職場の同僚が国際電話をかけて、英語を流ちょうに話そうものなら「すごいなあ」と感心し、仕事が手に付かなくなったりする。

 詐欺師がよく使う手口にも、こんなものがある。有名企業の社長や政治家などのVIPに電話した振りをして、客(カモ)の目の前で親しそうに話し、「俺にはこんな人脈がある」と信用させるのである。詐欺でなくとも、あなたが森首相やローマの中田英寿選手などに電話をかけ、友だちのような口調で話をすれば、大抵の人は「スゲーなあ」と尊敬の目でみるはずだ。

 さて、最近、処方監査の徹底や医師との密接なコミュニケーションの必要性が叫ばれ、薬局薬剤師が処方医に電話する機会が増えている。調剤室から電話するケースが多いようだが、それではせっかくの電話がもったいない。

 医師との電話連絡は、プライバシーに配慮した上で、患者の目の前で行ってはどうだろう。普段、医師に遠慮しがちな患者は「すごい! あの気難しいお医者さんと対等に話している」と驚くに違いない。その際、「先生、その薬との併用には相互作用が考えられるので、○○に換えたらどうですか」なんてセリフが言えたらカッコいい。

 これを携帯電話やPHSで行えば、もっと効果的だ。あなたへの患者の信頼感がいっそう増すこと請け合いである。

(猫)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 いまさら聞けない脱水

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 塗り分け注意!メサデルムとリンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:28
  2. 【漫画】患者さんの発言にビックリ ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  3. アトーゼット配合錠へ切り替える際の注意点 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:26
  4. ポリファーマシー介入に必要な視点 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:72
  5. 2000年に予測した「未来の薬局」は実現したか こちら日経DI編集部 FBシェア数:29
  6. 混ぜたらアカン!?リンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  7. 昔も今も「調剤過誤が薬局をつぶす」 こちら日経DI編集部 FBシェア数:40
  8. オンライン服薬指導「対応したくない」が25% 2018年8月号特集◎いよいよ始動!オンライン服薬指導 FBシェア数:19
  9. あなたならオンライン服薬指導をどう生かす? 2018年8月号特集◎いよいよ始動!オンライン服薬指導 FBシェア数:13
  10. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:383
医師と医学研究者におすすめの英文校正