カッコいい薬剤師

漫画

危険な“呪文”から患者を解き放て

 ある日突然、スーパーの棚からココアが姿を消したことがあった。世に言う、ココア売り切れ事件である。「ココアが健康にいい」と一言、お昼どきに電波を通じて世の中に伝えた人がいた。ことの発端は、ただそれだけだ。

 ブルーベリーの時もそうだった。日焼けしたあの人の「目にいい」の一言で、ブルーベリーブームが沸き起こった。「健康にいい」「身体にいい」は、今や人々をスーパーやドラッグストアへと走らせる“呪文”と化している。

 街の健康博士たる薬局薬剤師としては、常にテレビや新聞・雑誌をチェックして、どのような“呪文”が発せられているかを知っておきたいものである。患者が「○○がいいと聞いたのだが……」と尋ねてきた時に、うまく答えられないと、「あの人は何も知らない」という具合に、「素人」のレッテルを貼られかねないからだ。

 患者の言う健康法を、頭ごなしに否定するのも考えものだ。「あの人は全くわかっていない」と、これまた素人扱いされてしまう。“呪文”というものは、理屈が通じにくい、なかなかやっかいなものなのである。

 もちろん中には、とんでもない“呪文”もある。そんな時は、かかりつけ薬局の威信にかけて、患者を“呪文”から解き放たねばならない。

 たとえ「鰯の頭」であろうとも、身体に害がなく治療の妨げにならない健康法ならば、優しく見守ってあげる度量の広さを持ち、危険な健康法に手を染めそうな患者がいたら、毅然としてそれをやめさせる——。豊富な知識を基に、こうした対応を自信を持って行える薬剤師はカッコいいと思う。

(婆)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. アセタゾラミド微量混入の原因が明らかに エカベトNa顆粒「サワイ」服用でドーピング陽性反応
  2. 通知をきっかけに各薬局マニュアルの見直しを 「調剤業務のあり方」通知をどう読む?
  3. 外国人対応に必要な3つの視点 まいにち薬剤師
  4. 「0402通知」は院内処方にも適用すべき 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  5. 通知に込められた「薬局はどうあるべきか」 トレンド(DIオンライン)
  6. アクアチムの一発査定にご注意を! セキララ告白!個別指導
  7. 薬剤師1人につきテクニシャンは何人まで許容? 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」
  8. 後日ちゃんとしたワクチンを打ちます まいにち薬剤師
  9. 「薬剤師の独占業務」とは何か考えるタイミング 「調剤業務のあり方」通知をどう読む?
  10. エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」を自主回収 アセタゾラミドの微量混入の指摘を受け
医師と医学研究者におすすめの英文校正