カッコいい薬剤師

漫画

危険な“呪文”から患者を解き放て

 ある日突然、スーパーの棚からココアが姿を消したことがあった。世に言う、ココア売り切れ事件である。「ココアが健康にいい」と一言、お昼どきに電波を通じて世の中に伝えた人がいた。ことの発端は、ただそれだけだ。

 ブルーベリーの時もそうだった。日焼けしたあの人の「目にいい」の一言で、ブルーベリーブームが沸き起こった。「健康にいい」「身体にいい」は、今や人々をスーパーやドラッグストアへと走らせる“呪文”と化している。

 街の健康博士たる薬局薬剤師としては、常にテレビや新聞・雑誌をチェックして、どのような“呪文”が発せられているかを知っておきたいものである。患者が「○○がいいと聞いたのだが……」と尋ねてきた時に、うまく答えられないと、「あの人は何も知らない」という具合に、「素人」のレッテルを貼られかねないからだ。

 患者の言う健康法を、頭ごなしに否定するのも考えものだ。「あの人は全くわかっていない」と、これまた素人扱いされてしまう。“呪文”というものは、理屈が通じにくい、なかなかやっかいなものなのである。

 もちろん中には、とんでもない“呪文”もある。そんな時は、かかりつけ薬局の威信にかけて、患者を“呪文”から解き放たねばならない。

 たとえ「鰯の頭」であろうとも、身体に害がなく治療の妨げにならない健康法ならば、優しく見守ってあげる度量の広さを持ち、危険な健康法に手を染めそうな患者がいたら、毅然としてそれをやめさせる——。豊富な知識を基に、こうした対応を自信を持って行える薬剤師はカッコいいと思う。

(婆)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 愛される薬局づくりの第一歩は 薬局経営者奮戦記~社長はつらいよ
  2. 実は有効?高齢者へのスタチン療法 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
  3. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  6. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 前立腺炎の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  8. 抗体が2つの標的を同時に認識して得られる革新的な… シリーズ◎あなたの知らない“血液”の世界
  9. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  10. 分業制を徹底した結果…知らんぷり気質が蔓延 診療所経営駆け込み寺
医師と医学研究者におすすめの英文校正