カッコいい薬剤師

漫画

外国人サポーターに流暢な英語で服薬指導

 日本と韓国が共催する2002年のサッカー・ワールドカップ開幕まで、あと1年半。史上初の2カ国共催、しかもスポーツイベントとしては国内初の10都市にまたがる広域開催となる。

 総試合64のうち、半分の32試合が日本で行われる。スタジアムの平均収容人数は約5万人というから、ざっと見積もっても、日本国内だけで観客数は150万人以上に達する見込みだ。

 この150万人のうち、外国人がいかほどになるかは不明だが、外国人サポーターには相当アツい人が少なくない。観戦中、興奮のあまり階段から転げ落ちたり、観客同士でつかみ合いのケンカを始めることも日常茶飯事だ。

 そこで切り傷や擦り傷を負った人たちは、よほどの重傷でない限り、わざわざ病院などには行かない。ほぼ間違いなく、あなたの薬局へとやって来るだろう。そして薬局の扉を開いたとたん、英語を話す彼らの頬は紅潮し、感動のあまり身を震えさせるはずだ。

 そう、その視線の先にあるのは、あのポスター。黒縁メガネをかけた男性が“天上天下唯我独尊ポーズ”をとりながら、「GET THE ANSWERS」の文字を指している。

 慌ててポスターの前に立ちはだかるあなただが、もう遅い。目を輝かせた手負いの外国人サポーターたちは、「この薬の名前は?」「効果は?」「副作用は?」と矢継ぎ早に質問を浴びせてくるだろう。その質問を漏れなく聞き取って、英語でさっそうと答えられたら間違いなくカッコいい。

 ちなみに、英語がさっぱりダメな私。ヤクザイシっていうのは「マフィア・ドクター」?!

(姫)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 いまさら聞けない脱水

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. アトーゼット配合錠へ切り替える際の注意点 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:21
  2. 昔も今も「調剤過誤が薬局をつぶす」 こちら日経DI編集部 FBシェア数:40
  3. ポリファーマシー介入に必要な視点 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:42
  4. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:378
  5. 2000年に予測した「未来の薬局」は実現したか こちら日経DI編集部 FBシェア数:21
  6. オンライン服薬指導「対応したくない」が25% 2018年8月号特集◎いよいよ始動!オンライン服薬指導 FBシェア数:19
  7. 混ぜたらアカン!?リンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  8. 就職試験にパスする方法、指南します 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:19
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:1
  10. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:86
医師と医学研究者におすすめの英文校正