カッコいい薬剤師

漫画

“七つ道具”を収納できる「オリジナル白衣」を

 薬剤師にとって、白衣はただの仕事着かもしれない。しかし、薬局を訪れる患者にとってはそうではない。自分が服用している薬に対する疑問、病気への不安などを迷わず相談できるのは、相手が白衣をまとった医療専門職であるが故なのだ。

 その白衣が汚れていては、“町の化学者”の信頼も台なしだ。大学の研究室ではないのだから、2日に1回は洗濯し、常にきれいな状態を保ちたい。

 実際に薬局を訪れると、白衣の前をだらしなくはだけている薬剤師を目にすることがある。医療専門職であるとはいえ、薬局は接客業なのだから、患者に不快感を抱かせるのはいただけない。白衣のボタンはきちんとしめ、白衣下の身だしなみにも気を使おう。

 そして白衣のポケットには、患者の質問に即答できるようにするための小型医薬品集と、薬歴簿記入用の使い慣れた2色のペン。錠剤やカプセルに記された小さな文字を読み取るための、専用のルーペも常備したい。

 ところで、通常の白衣は胸に1カ所と左右に2カ所の、合計3カ所にしかポケットがない。それも、医薬品集を入れるには小さいし、ルーペなどの小物を入れるには大きすぎる。

 いっそのこと、薬剤師向けの「オリジナル白衣」を自作してみてはどうだろう。医薬品集を入れる大きめのポケットに加え、自分専用のルーペやスパーテル、患者指導用のアンチョコなど、薬剤師の“七つ道具”を収納できる小さなポケットを多く設けるのである。

 そんな「オリジナル白衣」をさりげなく着こなす薬剤師は、最高にカッコいいはずだ。

(雉)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. アセタゾラミド微量混入の原因が明らかに エカベトNa顆粒「サワイ」服用でドーピング陽性反応
  2. 通知をきっかけに各薬局マニュアルの見直しを 「調剤業務のあり方」通知をどう読む?
  3. 外国人対応に必要な3つの視点 まいにち薬剤師
  4. 「0402通知」は院内処方にも適用すべき 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  5. 通知に込められた「薬局はどうあるべきか」 トレンド(DIオンライン)
  6. アクアチムの一発査定にご注意を! セキララ告白!個別指導
  7. 薬剤師1人につきテクニシャンは何人まで許容? 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」
  8. 後日ちゃんとしたワクチンを打ちます まいにち薬剤師
  9. 「薬剤師の独占業務」とは何か考えるタイミング 「調剤業務のあり方」通知をどう読む?
  10. エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」を自主回収 アセタゾラミドの微量混入の指摘を受け
医師と医学研究者におすすめの英文校正