薬剤師道一直線

一、薬剤師道一直線に進むべし

 前号で「原点」について書いた。物事には、原点(はじめ)があれば終点(おわり)もある。この「薬剤師道一直線」も、今回をもって終点、最終回となる。

 もともと、薬剤師道の「道」という言葉は、柔道、剣道、茶道などの「道」である。そして、武士道の「道」でもある。

 武士道に関していえば、「武士道とは死ぬことと見つけたり」という有名な言葉がある。これは元禄時代、佐賀藩の元藩士であった山本常朝が口述し、田代陣基が筆録した「葉隠」の一文である。誤解のないように説明しておくが、これは死を美化したものではなく、「死ぬ気で、命を懸けて物事を行ったときにこそ、真の成果が得られる」という意味である。決して「死=幸せ」ではない。むしろ「生=幸せ」を実践する心得である。

 さて、薬剤師は常に「生」と向き合っている職業であり、「生」に責任をもつ職業である。そこについては、医師との違いはない。しかし、医師と薬剤師では、「生」に対する考え方の方向性が違う。医師は「一人でも多くの人を救う。一人でも多くの人を幸せにする」ことを常に思い、命懸けでそれに臨んでいる。対して、薬剤師は「一人として不幸な人を出さない。誰も不幸せにしない」ことを常に思い、業務に勤しむ。

 薬害など、あってはならない。薬の副作用で人々が苦しんではならない。薬剤師がかかわれば、誰も泣かない。誰も悲しませない。そのためなら、どんな努力も惜しまない。そのためなら、命をも懸ける覚悟がある。そのために、われわれ薬剤師がいる。

 もう一度言う。薬剤師がかかわれば「一人として不幸な人を出さない。誰も不幸せにしない」。これが薬剤師道を極めんとする者の覚悟である。これこそが、薬剤師の目指す道である。薬剤師道、一直線に進むべし。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 注射を知ろう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 医師が期待する「服用期間中のフォロー」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:67
  2. 「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:97
  3. 厚労省が新添付文書記載要領の実例を公表 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:31
  4. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:483
  5. 日薬、次期改定の要望を都道府県薬から募集 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  6. アムバロ回収のニュースが患者に及ぼす影響 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:69
  7. 居宅療養管理指導費も10月から引き上げ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:15
  8. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:269
  9. 調剤基本料の引き上げ、中医協が答申 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:75
  10. ファイザーがアムバロ回収、発癌性物質を検出 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:139
医師と医学研究者におすすめの英文校正