薬剤師道一直線

一、最後まで、気を抜くべからず

 今年も残すところ1カ月弱となった。年初に立てた目標は達成できたであろうか。「やり残したことはない」と胸を張っていえるだろうか。2009年に、心残りはないか。

 「心残り」を辞書で調べると、「あとに思いが残ってすっきり思い切れないこと、または、そのさま。未練」といった、ネガティブな言葉として出てくる。しかし、武道でいうところの心残り、いわゆる「残心(ざんしん)」は、未練を残すということではない。一つの動作を行った後に、油断せず、気を引き締め、直ちに次の動作が行えるように、気と構えを充実させること。そして、いついかなる場合においても、相手の動きに応ぜられるような心構えのことをいう。

 さて、われわれ薬剤師はどうか。服薬指導が終わった後、気を抜くことなく、患者さんが薬局を出ていくまで、緊張を持続できているだろうか。患者さんが見えなくなるまで、しっかりと見届けているだろうか。

 忙しい薬局では、服薬指導中にもかからわらず、待合いで待つ大勢の患者さんのことが気になって、「同じことを何度も言わせないでください。お願いですから早く帰ってください…」などと、心の中で念じている薬剤師もいるのではなかろうか。言語道断である。

 薬剤師道を究めんと欲する者は、真の「残心」を目指すべし。それは、患者さんが薬局を出て見えなくなるまでではなく、患者さんが家に帰って、薬を服用するまで。いや、薬が患者さんにきちんと効いて、笑顔が戻るまで。万が一、何日か後に問題が生じたときのために、近未来を見通して、患者さんにあらかじめ対処法を説明する。もちろん薬剤師は、いかなる状況にもすぐに対処ができるように、気と構えを充実させておく。

 いついかなる時も、油断は禁物である。厳しいようだが、薬剤師の「残心」に年末年始はないのである。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 注射を知ろう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 【漫画】初回質問票あるある ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  2. 医師の代わりに薬剤師にクレームはカナダも同じ マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:47
  3. 薬機法改正で薬剤師の職能を強化、薬局の機能を国民… Interview FBシェア数:124
  4. 多剤投与改善に対する薬剤師の介入方法に変化 在宅や入院時における医療機関との連携は半数以下にとどまる FBシェア数:27
  5. システムエラーに学んだトラブル対応の極意 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:37
  6. 初めが肝心、舌下免疫療法の服薬指導 スギ舌下免疫療法の最新トレンド(4) FBシェア数:51
  7. 統計不正問題から考えた、統計的センスの大切さ 三津原庸介の「時流を読むヒント」 FBシェア数:112
  8. 【漫画】薬局で多い忘れ物 ガンバレ薬剤師 FBシェア数:48
  9. クオール、健康の共通ポイントの実証実験に参画 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:41
  10. 医師が期待する「服用期間中のフォロー」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:134
医師と医学研究者におすすめの英文校正