薬剤師道一直線

一、薬剤師、美学を持つべし

 「武士は食わねど高楊枝」という言葉がある。武士としての強がり、やせ我慢を表現した言葉である。かの孔子も「渇しても盗泉の水は飲まず」という言葉を残した。孔子は、旅先で盗泉という名の泉に立ち寄った際、のどは乾いていたが、その名を嫌って口にしなかったという。どちらも「絶対にこれだけはやらない」「人が何と言おうとこれだけは守る」といった強い意志を持ったこだわり、人生哲学、いわゆる「美学」を表している。

 では、あなたにとって、薬剤師としての美学とは、いったいなんだろうか。薬剤師として、これだけは絶対にやらない。逆に、これだけは絶対に守る──。

 例えば、どんなに忙しかろうと、情報提供をするために来局した、MR さんやMS さんに「患者さんのための情報提供をありがとうございました」とお礼を言う。人が何と言おうと、講習会や研修会の会場に入るときは「よろしくお願いいたします」と一礼をし、出るときは「ありがとうございました」と一礼をする。ほかの人から見たら「バカじゃないか」と思われることでも、自分が決めたことは何があってもやる。やり通す。守り通す。

 では、「これだけは絶対にやらないこと」は? 孔子が盗泉の水を絶対に飲まなかったように、薬剤師たるもの、「患者さんにとって不利益となる処方は絶対に調剤しない」というのはどうだろう。たとえ、医師と意見が違ったとしても、絶対に譲らない。それはもう薬剤師の美学というより、覚悟とも言える。切腹覚悟の武士であり、まさに「武士道」、いや「薬剤師道」である。

 そのせいで、医師の怒りをかい、処方せん発行が停止したとしても、処方せん枚数が減り、収入が減ったとしても……。自分の美学を貫くことに何ら迷いはない。まさに「武士は食わねど高楊枝」を決め込めばいいのだから。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 注射を知ろう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 医師が期待する「服用期間中のフォロー」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:67
  2. 「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:97
  3. 厚労省が新添付文書記載要領の実例を公表 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:31
  4. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:483
  5. 日薬、次期改定の要望を都道府県薬から募集 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  6. アムバロ回収のニュースが患者に及ぼす影響 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:69
  7. 居宅療養管理指導費も10月から引き上げ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:15
  8. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:269
  9. 調剤基本料の引き上げ、中医協が答申 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:75
  10. ファイザーがアムバロ回収、発癌性物質を検出 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:139
医師と医学研究者におすすめの英文校正