薬剤師道一直線

一、薬剤師、美学を持つべし

 「武士は食わねど高楊枝」という言葉がある。武士としての強がり、やせ我慢を表現した言葉である。かの孔子も「渇しても盗泉の水は飲まず」という言葉を残した。孔子は、旅先で盗泉という名の泉に立ち寄った際、のどは乾いていたが、その名を嫌って口にしなかったという。どちらも「絶対にこれだけはやらない」「人が何と言おうとこれだけは守る」といった強い意志を持ったこだわり、人生哲学、いわゆる「美学」を表している。

 では、あなたにとって、薬剤師としての美学とは、いったいなんだろうか。薬剤師として、これだけは絶対にやらない。逆に、これだけは絶対に守る──。

 例えば、どんなに忙しかろうと、情報提供をするために来局した、MR さんやMS さんに「患者さんのための情報提供をありがとうございました」とお礼を言う。人が何と言おうと、講習会や研修会の会場に入るときは「よろしくお願いいたします」と一礼をし、出るときは「ありがとうございました」と一礼をする。ほかの人から見たら「バカじゃないか」と思われることでも、自分が決めたことは何があってもやる。やり通す。守り通す。

 では、「これだけは絶対にやらないこと」は? 孔子が盗泉の水を絶対に飲まなかったように、薬剤師たるもの、「患者さんにとって不利益となる処方は絶対に調剤しない」というのはどうだろう。たとえ、医師と意見が違ったとしても、絶対に譲らない。それはもう薬剤師の美学というより、覚悟とも言える。切腹覚悟の武士であり、まさに「武士道」、いや「薬剤師道」である。

 そのせいで、医師の怒りをかい、処方せん発行が停止したとしても、処方せん枚数が減り、収入が減ったとしても……。自分の美学を貫くことに何ら迷いはない。まさに「武士は食わねど高楊枝」を決め込めばいいのだから。

(結城 真吾)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 愛される薬局づくりの第一歩は 薬局経営者奮戦記~社長はつらいよ
  2. 実は有効?高齢者へのスタチン療法 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」
  3. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  6. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 前立腺炎の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  8. 抗体が2つの標的を同時に認識して得られる革新的な… シリーズ◎あなたの知らない“血液”の世界
  9. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  10. 分業制を徹底した結果…知らんぷり気質が蔓延 診療所経営駆け込み寺
医師と医学研究者におすすめの英文校正