薬剤師道一直線

一、薬剤師たるもの体を鍛えるべし

 「細(ほそ)マッチョ」という言葉をご存じだろうか。華奢(きゃしゃ)に見えて、服を脱ぐと筋肉が付いていて意外にワイルド、という意味らしい。ただし、そういう体型であれば誰でもよいわけではなく、「イケメンである」ことが前提だという。

 薬剤師も、イケメンかどうかはともかく、白衣を脱いだら、筋肉が付いていて意外にワイルド、というのも悪くない。そもそも筋肉を付けるには、それなりの運動と食事制限が必要。それらを継続できる折れない心も併せ持たねばならない。薬剤師道を極めるのと同様に、精神の鍛錬が必要なのである。

 ワイルドな見た目だけではない。薬局内でも、筋力や体力が必要となる局面は多々ある。上腕二頭筋をフルに駆使して液体の経腸栄養剤を一度に何ケースも持ち運ぶことや、硫酸アトロピン1000 倍散を調整するために握力がほとんどなくなるまで、ひたすら乳糖の混和を行うこともある。たまった薬歴を何時間もぶっ続けで書いて、手が棒のようになったことがあるのは、筆者だけではあるまい(薬歴書きをためてしまう筆者の自業自得だといううわさもある)。やはり薬局薬剤師は、知力だけでなく、日ごろから筋力・体力も鍛えておかなければならない。

 ここで、薬剤師道を極めんと欲するなら、さらにもう一段上を目指す。「心は技の前にあり、その前に成らず、技は体の前にあり、その前に成らず。しかし、それ揃う時は一瞬にして成る」。そう、心・技・体の一致である。いついかなる時も、平常心を持って調剤にあたり、調剤技術の研さんを積み、厳しい修行に耐え得るだけの強靭な体をつくる。まさに薬剤師道に通ずる道である。その第一歩として、土台となるのが、体づくりである。

 さあ、体を鍛えよう。10 月12 日は体育の日。思い立ったら吉日である。筆者が細マッチョになる日は近い(かも)。

(結城 真吾)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 非薬剤師による計量・混合で改善命令 トレンド(DIオンライン)
  2. 台風が迫る中、薬局を開けて考えたこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  4. 服用薬剤調整支援料の算定例で多い薬は何か? 第52回日本薬剤師会学術大会より
  5. パーキンソン病に第2の経皮吸収型ドパミンアゴニス… 最新DIピックアップ
  6. 【漫画】「数回に分けて」の勘違い ガンバレ薬剤師
  7. 「私が頑張らなければ……」の落とし穴 キャリアお悩み相談室
  8. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  9. いつも笑顔で真面目な女性が職場で突然泣き出したら 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 代謝を受けやすい医薬品の構造の特徴とは 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正