薬剤師道一直線

一、薬剤師たるもの体を鍛えるべし

 「細(ほそ)マッチョ」という言葉をご存じだろうか。華奢(きゃしゃ)に見えて、服を脱ぐと筋肉が付いていて意外にワイルド、という意味らしい。ただし、そういう体型であれば誰でもよいわけではなく、「イケメンである」ことが前提だという。

 薬剤師も、イケメンかどうかはともかく、白衣を脱いだら、筋肉が付いていて意外にワイルド、というのも悪くない。そもそも筋肉を付けるには、それなりの運動と食事制限が必要。それらを継続できる折れない心も併せ持たねばならない。薬剤師道を極めるのと同様に、精神の鍛錬が必要なのである。

 ワイルドな見た目だけではない。薬局内でも、筋力や体力が必要となる局面は多々ある。上腕二頭筋をフルに駆使して液体の経腸栄養剤を一度に何ケースも持ち運ぶことや、硫酸アトロピン1000 倍散を調整するために握力がほとんどなくなるまで、ひたすら乳糖の混和を行うこともある。たまった薬歴を何時間もぶっ続けで書いて、手が棒のようになったことがあるのは、筆者だけではあるまい(薬歴書きをためてしまう筆者の自業自得だといううわさもある)。やはり薬局薬剤師は、知力だけでなく、日ごろから筋力・体力も鍛えておかなければならない。

 ここで、薬剤師道を極めんと欲するなら、さらにもう一段上を目指す。「心は技の前にあり、その前に成らず、技は体の前にあり、その前に成らず。しかし、それ揃う時は一瞬にして成る」。そう、心・技・体の一致である。いついかなる時も、平常心を持って調剤にあたり、調剤技術の研さんを積み、厳しい修行に耐え得るだけの強靭な体をつくる。まさに薬剤師道に通ずる道である。その第一歩として、土台となるのが、体づくりである。

 さあ、体を鍛えよう。10 月12 日は体育の日。思い立ったら吉日である。筆者が細マッチョになる日は近い(かも)。

(結城 真吾)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  2. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. ポジティブは循環する──「P循環」と「N循環」 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  6. 薬剤師にもっと頼ってみて アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  7. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  9. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  10. 注目のOTC薬◆エンペキュア、大正口内炎チュアブ… トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正